2018年 > 2018年のスポーツ > 2018年の野球

2018年の野球(2018ねんのやきゅう)では、2018年野球界における動向をまとめる。

2017年の野球 - 2018年の野球 - 2019年の野球

出来事

1月

  • 9日 -【独立・ルートインBCリーグ】 石川ミリオンスターズは、ヴァイスプレジデント兼総合コーチを務める武田勝(元北海道日本ハムファイターズ)が、監督に就任することを発表[1]。武田は前年以来、日本ハム球団職員の身分で石川に派遣されているが、監督就任後もこの形式は継続する[1]
  • 10日 - 【高校野球】 日本高校野球連盟は、第90回記念選抜高等学校野球大会運営委員会を開催し、今春の選抜大会から導入するタイブレーク方式についての詳細を決定。大会では1回戦から準決勝までの試合で延長13回に入った際、その表の攻撃から『ノーアウトランナー・一塁二塁』とし、打順も前イニングからの継続(例:四番打者の打席でイニングが始まる場合は、二番打者と三番打者をランナーとして塁に置く)として試合を再開する。また決勝戦ではタイブレーク方式を採用せず延長15回で引き分けた場合は再試合とするが、その再試合では準決勝までと同じ形でタイブレーク方式を採用する[2]。また日本高校野球連盟は夏の第100回全国高等学校野球選手権記念大会並びにその予選となる地方大会でも、選抜大会と同様の形式でタイブレーク方式を一律に採用することも併せて決定した[3]
    • 2日
    • 14日 - 【大学野球】 関西大学野球二部東リーグの大阪電気通信大学硬式野球部は、元阪神・西武広島投手の江草仁貴が3月1日付でコーチに就任することを発表[8]
      • 5日 - 【独立・ルートインBCリーグ】栃木ゴールデンブレーブスが、昨年読売ジャイアンツを自由契約となった村田修一の入団を発表。背番号は25[10]
          • 8日 - 【独立・ルートインBCリーグ】滋賀ユナイテッドベースボールクラブは、投手コーチに元千葉ロッテマリーンズコーチの成本年秀の就任を発表[13]
          • 10日 - 【独立・ルートインBCリーグ】富山GRNサンダーバーズのデュアンテ・ヒース(元広島東洋カープ、3月9日入団[14])が、埼玉西武ライオンズに入団することが発表された[15]
            • 11日 - 【独立・ルートインBCリーグ】福井ミラクルエレファンツは、オリックス・バファローズ神戸文也(育成登録)の派遣受け入れを発表。期間は14日からシーズン終了まで[17]
            • 21日 - 【独立・ルートインBCリーグ】西地区で前期優勝マジックを1としていた福井ミラクルエレファンツが、この日の富山GRNサンダーバーズ戦(高岡西部総合公園野球場)に勝ち、3年ぶり2度目の前期優勝を達成[18]
              • 4日 - 【独立・BASEBALL FIRST LEAGUE】大阪府堺市を本拠とする新球団(この時点では名称未定)が2019年よりリーグ戦に参加することを発表[20]。新球団の監督には、元横浜DeNAベイスターズの大西宏明が就任する予定[20]
              • 7日 - 【独立・ルートインBCリーグ】福井ミラクルエレファンツの岩本輝(元阪神タイガース)が、オリックス・バファローズに入団することが発表された[21]
              • 17日 - 【メキシカンリーグ】メキシカンリーグの試合で、明らかな空振りをボールと判定したことにより、球審および一塁塁審を出場停止とする処分を下した[22]
              • 24日 - 【独立・ルートインBCリーグ】準加盟球団の茨城アストロプラネッツについて、リーグ代表者会議で本加盟を承認したと発表した[23]
              • 7月25日 - 【高校野球】
                • 7日 - 【高校野球】元千葉ロッテ喜多隆志興國高の監督に就任したことが発表された。
                • 24日 - 【独立・ルートインBCリーグ】滋賀ユナイテッドベースボールクラブは、監督の松本匡史が体調不良を理由に期限を定めない休養に入ったこと、投手コーチの成本年秀が代理監督に就任したことを発表[24]
                • 25日 - 【高校野球】 智辯学園和歌山高等学校は、1980年より同校硬式野球部監督を38年間務めた高嶋仁が今季限りで勇退して名誉監督に就任すること及び、後任の監督にコーチを務める元阪神タイガース捕手の中谷仁が就任することを発表した[25]
                • 28日 - 【独立・ルートインBCリーグ】本加盟の審査をおこなっていた静岡県民球団(準加盟)について、球団設立・運営の体制が不十分として加盟を見送り、2019年のシーズンは茨城アストロプラネッツを加えた11球団でリーグ戦を実施すると発表[26]
                  • 2日 - 【独立・ルートインBCリーグ】 西地区で後期優勝マジックを1としていた富山GRNサンダーバーズが、この日の石川ミリオンスターズ戦(魚津桃山運動公園野球場)に勝ち、3年ぶり3度目の後期優勝を達成[27]
                  • 5日
                  • 6日 - 【独立・ルートインBCリーグ】東地区で後期優勝マジックを1としていた群馬ダイヤモンドペガサスは、この日の新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ戦(村上市荒川球場)に勝ち、3年連続の前後期制覇(6期連続)を達成[30]
                  • 8日 - 【独立・ルートインBCリーグ】休養していた滋賀ユナイテッドベースボールクラブの松本匡史監督が復帰[31]
                  • 9日 - 【独立・ルートインBCリーグ】栃木ゴールデンブレーブスは小山運動公園野球場でシーズン最終戦となる対群馬ダイヤモンドペガサス戦をおこない、試合終了後に村田修一(元読売ジャイアンツ)が現役を引退することを正式に表明した[32]
                  • 11日 - 【独立・BASEBALL FIRST LEAGUE】来年よりリーグ戦に参加予定の堺市の球団名が「堺シュライクス」に決定したと球団運営会社が発表[33]
                  • 15日 - 【独立・ルートインBCリーグ】群馬ダイヤモンドペガサスは、前後期通算勝率2位の福島ホープスと対戦した東地区のチャンピオンシップ第1戦(前橋市民球場)に、0対0(延長12回)で引き分け、リーグ規定により、3年連続となる東地区優勝を達成[34]
                  • 17日 - 【独立・ルートインBCリーグ】西地区のチャンピオンシップ第2戦(三国運動公園野球場)で福井ミラクルエレファンツは、富山GRNサンダーバーズに7対3で勝利して対戦成績を2勝0敗とし、3年ぶりとなる西地区優勝を達成[35]
                  • 19日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】愛媛マンダリンパイレーツは最終戦となった徳島インディゴソックス戦(新居浜市営球場)に7-3で勝利し、逆転で2年ぶりとなる後期優勝を達成[36]
                  • 25日 - 【高校野球】学法石川の監督に前仙台育英監督の佐々木順一朗が就任することが発表された。
                    • 1日
                      • 【独立・ルートインBCリーグ】群馬ダイヤモンドペガサスは福井ミラクルエレファンツとのリーグチャンピオンシップ(前橋市民球場)第4戦に6対4で勝利し、対戦成績を3勝1敗として、2年ぶり・4度目の年間総合優勝を達成[38]
                      • 【独立・ルートインBCリーグ】武蔵ヒートベアーズを運営する埼玉県民球団は、チーム名を「埼玉武蔵ヒートベアーズ」に変更すると発表した[39]
                    • 2日 - 【独立・四国アイランドリーグplus】香川オリーブガイナーズは愛媛マンダリンパイレーツとのチャンピオンシップ第4戦(松山中央公園野球場)に3対2で勝利し、対戦成績を3勝1敗として、6年ぶり・6度目の年間総合優勝を達成[40]
                    • 14日
                      • 【独立】群馬ダイヤモンドペガサスは、香川オリーブガイナーズとのグランドチャンピオンシップ第4戦(前橋市民球場)に4対2で勝利し、2年ぶり2度目の優勝を達成した[41]
                      • 【独立・BASEBALL FIRST LEAGUE】和歌山ファイティングバーズは、兵庫ブルーサンダーズとのチャンピオンシップ第1戦(田辺スポーツパーク野球場)に5対4で勝利し、対戦成績を2勝(リーグ戦優勝によるアドバンテージ1勝を含む)として、初優勝を達成[42]


競技結果

独立リーグ(日本)

前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 香川オリーブガイナーズ 23 9 4 .719 - 愛媛マンダリンパイレーツ 15 10 5 .600 -
2位 高知ファイティングドッグス 17 14 5 .548 5.5 徳島インディゴソックス 16 11 3 .593 0.0
3位 愛媛マンダリンパイレーツ 11 23 2 .324 7.5 高知ファイティングドッグス 9 15 6 .375 5.5
4位 徳島インディゴソックス 9 23 4 .281 1.0 香川オリーブガイナーズ 10 17 3 .370 0.5
リーグチャンピオンシップ
第1戦 香川 2 - 1 愛媛
第2戦 香川 3 - 2 愛媛
第3戦 愛媛 4 - 0 香川
第4戦 香川 3 - 2 愛媛
(香川は6年ぶり6回目の総合優勝)

東地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 群馬ダイヤモンドペガサス 21 11 3 .656 - 群馬ダイヤモンドペガサス 25 5 5 .833 -
2位 福島ホープス 19 11 5 .633 1.0 福島ホープス 21 11 3 .656 5.0
3位 新潟アルビレックスBC 14 17 4 .452 5.5 栃木ゴールデンブレーブス 15 19 1 .441 7.0
4位 武蔵ヒートベアーズ 13 20 2 .394 2.0 新潟アルビレックスBC 15 19 1 .441 0.0
5位 栃木ゴールデンブレーブス 9 19 7 .321 1.5 武蔵ヒートベアーズ 7 25 3 .219 7.0

※後期の栃木と新潟は同率3位。

西地区
前期 後期
順位 球団 勝率 球団 勝率
優勝 福井ミラクルエレファンツ 22 11 1 .667 - 富山GRNサンダーバーズ 22 10 2 .688 -
2位 信濃グランセローズ 20 10 4 .667 0.5 福井ミラクルエレファンツ 19 11 4 .633 2.0
3位 石川ミリオンスターズ 16 16 2 .500 5.0 信濃グランセローズ 15 17 2 .469 5.0
4位 富山GRNサンダーバーズ 16 17 1 .485 0.5 石川ミリオンスターズ 13 19 2 .406 2.0
5位 滋賀ユナイテッドBC 5 28 1 .152 11.0 滋賀ユナイテッドBC 7 24 3 .226 5.5

※前期の福井と信濃は同勝率。直接対戦成績(4勝3敗)により福井が優勝。

プレーオフシリーズ
第1戦 群馬 0 - 0 福島
※群馬に2勝のアドバンテージ、通算2勝1分で群馬が地区優勝
第1戦 福井 7 - 0 富山
第2戦 福井 7 - 3 富山
第1戦 福井 4 - 3 群馬
第2戦 群馬 10 - 2 福井
第3戦 群馬 8 - 3 福井
第4戦 群馬 6 - 4 福井
(群馬は2年ぶり4回目の総合優勝)

第1戦 群馬 4 - 2 香川(10月7日レクザムスタジアム
第2戦 群馬 3 - 0 香川(10月8日レクザムBP丸亀
第3戦 群馬 6 - 6 香川(10月13日前橋市民球場
第4戦 群馬 4 - 2 香川(10月14日、前橋市民球場)
  • (群馬は2年ぶり2回目の優勝)

リーグ戦
年間
順位 球団 勝率
優勝 和歌山ファイティングバーズ 17 11 2 .607 -
2位 兵庫ブルーサンダーズ 15 17 1 .469 .4.0
3位 06BULLS 14 18 1 .438 5.0
リーグチャンピオンシップ 10月14日(田辺スポーツパーク野球場)
第1戦 和歌山 5 - 4 兵庫
(和歌山は初の総合優勝)

社会人野球