nimoca
Nimoca-CARD.jpg
nimoca
通称 ニモカ
使用エリア nimocaエリア
全国相互利用エリア
導入 2008年
規格
運用 株式会社ニモカ
(西日本鉄道100%出資)
通貨 日本円 (最高チャージ金額20,000円)
プリペイド機能 あり
有効期限 最終利用日から10年
自動チャージ nimoca機能搭載クレジットカード、およびデビットカードに限り可。
取扱事業者
販売場所
  • 自動券売機(西鉄電車)
  • バス車内および営業所等
  • 軌道線電車内および営業所等
  • 一部商業施設
ウェブサイト https://www.nimoca.jp/index
株式会社ニモカ
Nimoca Co.,ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
812-0011
福岡市博多区博多駅前3丁目5番7号
設立 2007年5月30日
(西鉄カード株式会社)
業種 サービス業
事業内容 ICカード乗車券発行事業
電子マネーサービス事業
ポイントサービスに関する業務など
代表者 代表取締役社長 吉田哲治
資本金 1億2,640万円
純利益 1億3300万円(2019年03月31日時点)[1]
総資産 78億9600万円(2019年03月31日時点)[1]
主要株主 西日本鉄道株式会社 100%
外部リンク https://www.nimoca.jp/company/
テンプレートを表示

nimoca(ニモカ)は、西日本鉄道(西鉄)の完全子会社である株式会社ニモカなどが発行する、九州地方を中心とした各地域の鉄道・バス事業者で導入されているサイバネ規格ICカード乗車券である。

概要

2008年(平成20年)5月18日、西鉄においてサービスを開始した非接触型ICカードで、鉄道・バスの乗車カードに加え、電子マネーとしても利用出来る。導入当初は西鉄電車・西鉄バスの乗車カードおよび西鉄グループの商業施設における電子マネーとしての性質が強かったが、近年は西鉄グループの垣根を越え、大分(別会社を設立、詳細別記)・佐賀(西鉄グループ以外の各社局)・熊本・宮崎でも導入され、さらには北海道函館地区など、九州地区以外で導入された事例もある。エリアの拡大にあたっては、導入エリアを単純に拡張するのではなく、新たに交通系ICカードを導入する地域へシステムをパッケージとして提供する形でサービス展開を図っているのが特徴といえる。また、サイバネ規格を採用したICカードとしては初めて、多区間におけるバス定期乗車券の機能を搭載した。

2010年(平成22年)3月13日から、SUGOCAJR九州)、はやかけん福岡市地下鉄)、SuicaJR東日本東京モノレール東京臨海高速鉄道他)との相互利用が開始[2]2013年(平成25年)3月23日には交通系ICカード全国相互利用サービスにも加わり、PASMOmanacaTOICAPiTaPaICOCAKitacaと相互利用を開始している[3]

名称の由来は、Nice Money Card の略(NiNishitetsuのNiを兼ねている)と「バスにも、電車にも、買物にも、いろいろ使えるオールラウンドなード」という意味が込められている。

カードの裏面の右下に記載の番号は「NR」で始まる15桁の英数字である。この「NR」は西日本鉄道の英語表記「NISHI-NIPPON RAILROAD」の頭文字を採ったものである。

イメージキャラクターはフェレット。特に名前はつけられていない。デザインはスケアクロウマンモダンペッツで知られるplay set products。フェレットは、2008年(平成20年)6月5日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催された、映画「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」のジャパン・プレミアのレッドカーペットに、大阪・道頓堀の「くいだおれ太郎」や中日ドラゴンズの「ドアラ」と並んで、インディ・ジョーンズのトレードマークである“帽子”と“ムチ”を携えて登場した[4]

発行枚数は2016年(平成28年)10月18日に300万枚を突破した[5]

導入事業者

以下の各鉄軌道・バス事業者が導入している(一部路線のみの導入の事業者も含む、詳細な利用範囲は後述)。