編集  

ポータル:医学と医療

ウィキポータル 医学と医療

ウィキポータル 医学と医療医学医療分野のポータルです。病気とリダイレクトの一覧Category:医学Category:医療ウィキプロジェクト 医学ウィキプロジェクト 病気もあわせて参照のこと。ウィキブックスでも医学に関する記事の執筆が依頼されています。


編集  

新型コロナウイルス感染症

ウイルスであるSARS-CoV-2の電子顕微鏡写真
新型コロナウイルス感染症で入院中の患者と、治療にあたる医師。イランのテヘランの病院にて、2020年3月1日撮影。

新型コロナウイルス感染症とは、新型コロナウイルス (SARS-CoV-2) 感染による急性呼吸器疾患 (COVID-19) 世界的な流行である。

2019年12月に中国湖北省武漢市で「原因不明のウイルス肺炎」として最初の症例が確認されて以降、武漢市内から中国全土に感染が拡がり、中国以外の国と地域に拡大していった。2020年1月31日世界保健機関(WHO)は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態 (PHEIC)」を宣言、3月11日テドロス・アダノムWHO事務局長はパンデミック相当との認識を表明した。2020年4月1日までに、全世界で80万名以上が罹患し、4万名以上が死亡している。

SARS-CoV-2は主として、咳やくしゃみで出た呼吸器飛沫を介して、インフルエンザと同様の経路でヒトとヒトの間で感染する。感染から発症までの時間は通例5日であるが、人によって2日から14日までの幅がある。感染しても無症状のまま経過することも多いが、症状としては発熱息切れなどを伴うことがあり、合併症としては、肺炎急性呼吸窮迫症候群などを伴うことがある。現在、この感染症に対してはワクチンや特効のある抗ウイルス治療薬が存在しないため、研究が進められている。臨床では、症状管理および支持療法を主眼とした取り組みが行われている。推奨されている予防策としては、手洗い、病気にかかっている人との距離を保つこと、さらに感染が疑われる場合には14日間の自己隔離および経過観察を取ることなどが挙げられる。

主なリンク
全世界における流行について日本における流行について病気についてウイルスについて検査について社会・経済的影響その他関連記事



編集  

特集項目

AED(パットを取り出したところ)
自動体外式除細動器(AED)は、心室細動の際に機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気的なショック(除細動)を与え、心臓の働きを戻すことを試みる医療機器

使い方は、電源を入れ、電極パッドを胸に貼り付けると心電図を解析して電気ショックを与えるべきかを調べる。電気ショックが必要と解析した場合には、機械の指示にしたがってスイッチを押すと電気ショックを与える。従来の除細動器は医師などの専門家が使用することを想定されているため手動式であるが、自動体外式除細動器は、操作を自動化して医学的判断ができない一般の人でも使えるように設計されている。操作はいたって簡単で、AEDの発する指示音声にしたがってボタンを押すなど2~3の操作のみで、取り付けもピクトグラムで分かりやすく説明されており、医療知識や複雑な操作なしに電気的除細動が実行される……

編集  

新着項目

[探す | 更新]
(※)付きの項目は「新着記事より」に選ばれている項目です。

2020年↓

2019年↓


ログ: 2003年 - 2004年 - 2005年 - 2006年 - 2007年 - 2008年 - 2009年 - 2010年 - 2011年 - 2012年 - 2013年-2014年 - 2015年 - 2016年 - 2017年- 2018年- 2019年- 2020年- 2021年


編集  

最近の話題

  • 2018年1月29日、アイルランド人工中絶を事実上禁止している現行憲法の是非を問う国民投票を5月に実施することが決定された。1983年に制定された憲法第40条3項3、通称「憲法修正第8条」は胎児の生存権を認めており、現在のアイルランドでは母体の生命に関わる場合を除き人工中絶は禁止されている[1]
  • 2018年1月、フランスとデンマークの研究チームが米国科学アカデミー紀要イブプロフェンと男性不妊の関連性についての論文を公表し、イブプロフェンを服用した被験者ではホルモンバランスの撹乱と生殖障害の徴候がみられたとの結果を示した。長期服用による影響は判明しておらず、また生殖能力の低い男性ではより大きな影響が出る可能性も考えられる。ミズーリ大学の研究者は子供を作る予定のある男性に対し数ヶ月はイブプロフェンの服用を控えるよう推奨している[3]
  • 2017年12月、横浜市立大学などの研究チームはヒトのiPS細胞のみから肝芽を大量作成しすることに成功し、肝不全のマウスに移植して正常に機能することを確認した。肝芽は「ミニ肝臓」として血管から移植する治療法に使用できる可能性があるという[5]
  • 2017年10月、大阪府の産業技術総合研究所関西センターなどは、ゲノム編集を用いてインターフェロンβを含む卵をニワトリに産ませることに成功した。これは薬品を安価で製造する新手法だという[6]

出典


編集  

新着記事より


三次元バイオプリンター
  • 臓器プリンティングは、文字通り「臓器(器官)の印刷」であり、器官の代わりになる装置を3Dプリンターの技術を用いて作り出すことである。印刷される器官は、人工的に構成された装置であり、器官の代わりとして設計され、3Dプリンターの技術を用いて製造される。臓器プリンティングを行う第一の目的は移植に用いることである。現在、心臓腎臓および肝臓の構造ならびに他の主要な器官についての研究が行われている。心臓のような複雑な器官では、心臓弁のような小さな構造物のみを印刷することもまた研究の対象となっている。いくつかの印刷された器官は、すでに臨床試験に達しており、主に、膀胱などの中空構造ならびに尿管などの管構造が該当する。
  • 幹細胞治療は、幹細胞を使用し、疾患を治療または予防することである。幹細胞治療で、最も一般的なのは、骨髄移植であり、それには臍帯血を使う場合もある。様々な起源の幹細胞を生み出し、糖尿病心臓病神経変性疾患などに、幹細胞治療を適用する研究が進められている。幹細胞治療の開発において胚性幹細胞(ES細胞)を単離して培養することや、体細胞核移植を用いて幹細胞を作製すること、およびiPS細胞を作製することが論議を呼んできた。この論争は、中絶に関しての扱いや、ヒトクローンに関連することが多い。さらに、治療に用いる保存臍帯血の取引も物議をかもしてきた。
編集  

主要項目

医学

基礎医学

臨床医学

社会医学

パラメディカル

パラデンタル

伝統医学・伝統医療

中国医学系伝統医学

医学書

医療

医療施設

医療行為

補完・代替医療

医療従事者

医療師
代用医師
コ・メディカル
コ・デンタル
栄養
手技療法の治療者

人体

健康疾患

病原体

医薬品

倫理

社会問題

関連分野

一覧項目


編集  

加筆依頼

活性酸素(正確性・出典の明記)、皮膚がん集団検診採血法(手技)、感染(出典の明記)、コレラ菌(病原性について)、緑内障(出典の明記)、タイミング法(内容がほぼ皆無に等しく削除される可能性が大きい記事)、レジオネラ(特に「感染しやすい環境」と「主なレジオネラ感染事例」について)、脊椎(現状が字引レベル)


編集  

査読依頼

現在、査読依頼に提出されている記事はありません。

編集  

執筆依頼

執筆依頼を行う前に「Wikipedia:独立記事作成の目安」・「Wikipedia:ウィキペディアは何ではないか」を確認して、その記事が単独の記事として執筆されるべきかを考慮してください。

新規の執筆は1000バイト以上、できれば2000バイト以上を目安にお願いします。

症状・病態

圧痕, 胃痛 , 好中球増多症(en), 打診痛, 脱力感, 短発情, ドライアイス・センセーション, 乳頭瘻, 捻髪音(en), 肺出血, 白痢, 微弱発情, 無排卵(en), 陥下絞扼痙直細絡横痃狭窄皺壁尖端瀰漫性沈渣臀痛覆罩コンジローム扁平コンジローム熱感機能障害離断症状, 神経症状, 電解質異常, 熱感, アショフ結節アショフ体en)),胸痛,キサントクロミア(en),閉じ込め症候群(en),特発性疾患(en),徘徊 (認知症)(en),遁走状態(en), 寒冷恐怖症(畏寒症を転送に。en)

眼球突出(en), チェリーレッドスポット(en),
運動機能
起立不能, 後弓反張(en), 運動不耐性(en), 下位運動ニューロン障害(en), 上位運動ニューロン障害(en),反復変換運動障害ディアドコキネーシス障害),脊椎癆脊髄癆)、直腸症状表面不整
呼吸器
多呼吸少呼吸低呼吸徐呼吸(en)、
消化器
腹部膨満, 吸収不良(en), 食欲不振(en)、小腸性下痢大腸性下痢, 多飲症(en ,多渇症を転送に)
血液
乳酸アシドーシス(en), ケトアシドーシス(en),
泌尿器
多尿(多尿症)(en), 尿精液症,
生殖器
強陣痛, 陣痛微弱,奇形精子症, 精子死滅症, 膿精液症, 胎子過大,
精神
自殺企図, 自殺念慮(en), 沈鬱,
東洋医学
虚里の動腹裏拘急少腹急結小腹不仁臍下不仁)、胸脇苦満心下痞鞕
獣医学
異常発情,無排卵発情
精神医学
欠勤症英語版

疾患

アレルギー疾患炎症性疾患眼疾患血液疾患消化器病先天性疾患代謝内分泌疾患感染症ウイルス感染症細菌感染症寄生虫症)、腫瘍性疾患は各節参照。

アレルギー疾患

アトピー性白内障, アレルギー性胃腸炎, ピーナッツアレルギー(en)

炎症性疾患

眼疾患

角膜潰瘍(en), 眼球陥凹(en), 眼瞼外反(en), 眼瞼欠損, 眼裂(en), 眼裂縮小(en), 水晶体脱臼(en), 第三眼瞼突出, 瞳孔ブロック,角膜混濁,白色瞳孔(en),視神経症(en),視神経萎縮,脈絡膜欠如(en),網脈絡膜萎縮症,第 1次硝子体過形成遺残(en),シュワルツ・ヤンペル症候群(en),コロボーマ(en),無虹彩症(en),角膜ジストロフィー(en),Peters異常(en),強膜化角膜,黄斑ジストロフィー(en)

血液疾患

白血球増加症(白血球増多症)(en), en:Rh disease,新生児溶血症(en),血液型不適合妊娠

消化器病

胃食滞, 胃破裂, 巨大結腸(en、現状リダイレクト), 巨大結腸症(en、現在無出典), 食道憩室, タンパク喪失性腸症(タンパク漏出性腸症)(en), 直腸形質, 直腸麻痺, 特発性巨大食道症, 幽門狭窄(en), 偽性腸閉塞症(en)、憩室症(en、憩室炎、大腸憩室症、大腸憩室炎をリダイレクトにして)

先天性疾患

滑脳症, 完全重複子宮(en), 気管低形成, 孔脳症(en), 水頭無脳症, 先天性陰茎湾曲症, 先天性横隔膜ヘルニア(en), 先天性陰茎湾曲症, 先天性無フィブリノゲン血(en), 胎子浸漬, 反転性裂体, 羊膜水腫,ヒポトニア英語版(フロッピーインファントをリダイレクトに。)、ドーパ反応性ジストニア(en)、ヘモラクリア英語版シレノメリア症候群英語版(人魚症候群)

代謝内分泌疾患

en:Adrenarche

感染症

en:Template:Viral cutaneous conditions

ウイルス感染症

乳酸脱水素酵素ウイルス病乳酸脱水素酵素ウイルスenへの転送でも可?)

細菌感染症

気管支敗血症菌病, ネズミコリネ菌病, 肺炎球菌感染症en),カリオン病(オロヤ熱ペルーいぼを転送に。en))

寄生虫症

アンギリコラ症, イカリムシ症, 円虫症, カリグス症, キロドネラ症, クドア症, 原虫感染症(en), コクシジウム症, スルラ病, 生殖腺線虫症, チョウ症, チョウモドキ症, 内臓リーシュマニア症(en), 脳脊髄糸状虫症, バベシア英語版,ビバギナ症, ヘテロボツリウム症, ベネデニア症, ミクソボルス症,糞線虫症英語版

腫瘍性疾患

顆粒膜細胞腫(en), 血管内皮腫(en), 口腔腫瘍, 肛門癌(en), 骨盤腫瘍(en), 子宮腺癌線維腫(en), 線維肉腫(en), 組織球腫(en), 多発性腫瘍, 軟骨腫(en), 軟骨肉腫(en), 乳腺腫瘍(en), 副腎皮質癌(en), リンパ性白血病(リンパ球性白血病)(en)→白血病#分類, リンパ肉腫, 腫瘍化機能性腫瘍ACTH産生腺腫成長ホルモン産生腺腫副腎皮質腺腫莢膜細胞腫セルトリ細胞腫タール癌ライディッヒ細胞腫肛門嚢腺腫鼻腔内腫瘍卵胞膜細胞腫, 乳腺腫, 筋上皮腫, 乳腺癌, 非歯原性腫瘍,悪性ラブドイド腫瘍(AT/RTを転送ページに。en)、トリプルネガティヴ乳癌(en:Triple-negative breast cancer)

獣医学

輸送熱(関連:牛呼吸器疾患症候群(en)、牛ヘルペスウイルス1型), ハイエナ病,

検査

PLテスト, エステラーゼ試験, ガム試験, 眼圧測定法(en), 気体脳室造影, 逆行性尿路造影, 蛍光色素試験, 抗ストレプトリジン抗体価,サイナス・リズム(洞リズムを転送ページに。en), サクソン試験, 斜照法, 出血時間, 心音(en), スタンプ細胞診, スタンプ標本, 全血平板凝集反応, 粗大筋力検査, 免疫蛍光法(en), ピング音, フルオレセイン染色, マイクロコロニー法, メイグリュンワルド・ギムザ染色, 毛細血管再充填時間, 網膜電図(網膜電位図)(en), 卵管通気試験, ローズベンガル試験(ローズベンガル染色), 腎クリアランス試験, 診断液, ブルンストローム・アプローチ, ポンデラル指数, リビ指数, ダベンポート指数, ピルケ指数, ピネー指数, ベルベック指数, ボンハルト指数, デキサメタゾン抑制試験, リバルタ反応,眼検査(en),オートレフラクトメーター(en),スネレン視標(en)、超音波検査法

骨・脱臼
ガレアッツィテストen、ガレアッツィ徴候、アリス徴候を転送に)

治療

結核の治療(en), サルベージ療法(en), 気管内麻酔法導尿法磁気治療胸腔鏡下胸部交感神経遮断術創外固定, 子宮洗浄, 卵巣子宮全摘出, 牽引療法寒冷療法光熱療法機能的作業療法関節可動域訓練筋力増強訓練神経筋促通法片手動作訓練)、術後治療竃法歯根部利用人工角膜(en)、感染根管処置(en)、神経内視鏡手術覚醒下開頭術変形徒手矯正術パルス療法(投薬法)、角膜移植(en)、血漿分離交換(en)、イリザロフ法(en)、眼科手術英語版水治療法(en、現状ヴィンチェンツ・プリースニツへの転送)、ドレッシング (医療行為)(en)、冷凍外科(en)、予防的乳房切除術(en:Preventive mastectomy)

薬物投与

ボーラス英語版

精神療法

精神医学的作業療法メンタライゼーション療法(en)、原初療法(en)

ゲノム編集

ゲノム編集双子誕生事件enzh

薬物・毒物・生理活性物質

en:Category:ATC codesに属するページ及び関連するテンプレート

en:Template:Cell wall disruptive antibiotics,en:Template:Protein synthesis inhibitor antibiotics,en:Template:Nucleic acid inhibitors

人物・組織・企業

人物

※注:際限なく依頼されても困るので、Wikipedia:特筆性 (人物)Wikipedia:特筆性 (組織)の条件を満たしていることを証明し、Wikipedia内部リンク作ってから依頼してください。)

医師

(神経)

(感染症)

(耳鼻科)

(解剖学)

  • エデュアルト・ペルンコップ英語版 - ナチスに参加した解剖学者。世界中の医者や学者が参考にしている『ペルンコップ臨床局所解剖学アトラス』の著者として有名。
  • 久保田義顕 (慶応義塾大学教授、生物学の研究に携わっていることで有名。)

(精神医学)

(未分類)

患者
ブルーク・グリーンバーグ(ブルック・グリーンバーグ,en)、ロザリー・ブラッドフォード(en), ラクシュミ・タトマ(en)、マリー・カソーズ(マリー・キャセウスen)、
未分類

近藤亨(教授 遺伝子病制御研究所、病因研究部門、幹細胞生物学分野)、澤征四郎浅見鉄男吉沼美恵等々力英美高橋茂樹山高篤行持田澄子佐藤周子石垣靖子金子鮎子林章敏冨田江里子植田啓一与座聡溝口俊夫永原郁子滝田明日香久次米秋人鰺坂志乃夫堺章堀泰雄山口雄三藤原知兪順奉金錫煥多留淳文山田鑑照岡部素道北野なをひ奥村昌恵古川愛道小田博久森川和宥星野洸黒野保三豊田勝良石神龍代皆川宗徳甲田久士福田裕康山下九三夫駒井一雄谷田亭造南義成岸勤尾崎朋文森俊豪于思米山義野々井康治米山榮新田伸子安達操子坂本豊次湯谷達竹中浩司佐藤正人竹下イキ北村清一郎西崎泰清森拓次須磨弘野村卓弘安雲和四郎藤本伸子鍋島可騰竹中浩司巽轍男松岡憲二吉岡紀夫金田正徳中村辰三鷲見英法上島幸江宮坂卓治合田光男北出利勝兵頭正義縄田隆生北出利勝小田原良誠篠原昭二池内隆治河内明王財源和田清吉田中衛新田優鈴木紘今津淳星加基文亀井順二北村智吉備登左川清次稲田陽治郡山七二金城国昭津川竜三木戸博成田夬助月湖 (僧医)九嶋勝司板倉武長塩容伸飯田知弘富田善彦人見次郎 (解剖学者)平石貴久向井秀樹劉達臨(en)、西崎統瀬戸上健二郎桧物一三神戸俊平神馬征峰犬童文子伊関洋原田勝二尼子道竹古林見宜祖父江逸郎石垣泰子蠣崎要坪井次郎(pl)、ハインリッヒ・ボト・ショイベ(pl)、楢林博太郎(pl)、井上達二(pl)、垂井清一郎(pl)、井上達也(pl)、土田卯三郎(pl)、ロベルト・ヴァルテンベルグ牛木辰男高橋姿山本太郎 (医師)川原春幸セラフィーノ・ビッフィ小戝健一郎シグネ・ブルンストロームヘンリク・シェーグレン遠山椿吉ウラジミール・フィラトフ(フィラトウとも。ru)、カール・H・プリブラムen)、エセル・ゴードン・フェンウィックen)、ジョン・ノット (医師)en)、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ヴェーバーen)、アンドリュー・ユアen)、ハワード・マーケル(en)、ヨハン・クリスチャン・ライル(en/(de)、ジョージ・フォーダイス(en)、冨永悌二(東北大学病院 病院長)、北川雄光(慶応義塾大学病院 病院長)

その他
ナターシャ・デムキナ(霊能師、en),ヨハン・ガスパー・シュプルツハイム(骨相学)、ジョージ・コーム(骨相学)、ラッセル・ソーンダイク(en、小説 Doctor Syn シリーズの著者)、

組織

国際歯科衛生士連盟, 世界理学療法士連盟, 世界作業療法士連盟, 世界放射線技師会, 京都ベテスダクリニック, 東京顕微鏡院, 徳島市立園瀬病院eMedicineen、オンライン臨床医療知識データベース)、日本医学教育評価機構欧州集中治療医学会 (European Society of Intensive Care Medicine : ESICM)、日本集中治療医学会 (Japanese Society of Intensive Care Medicine : JSICM)、アメリカ集中治療医学会 (en)

企業

シエーリングen)、オットーボック(en)、応用スペクトルイメージング(en)

器具・機器

施設

急性期医療 - メディカルモール - 共立美容外科・歯科 - 義肢装具製作所 - 補装具製作施設 -en:Apothecary - バーツおよびロンドン医科歯科学校en) - ロイヤル・ロンドン・ホスピタルen) - ロンドン・チェスト・ホスピタルen) - ドルハウス美術館(ヘット・ドルフを転送に。en) - ヘット・ドルフ (アーネム)(オランダの障害者施設。nl) - en:History of psychiatric institutions(精神科の施設の歴史)

主要分野別

救急医学

切断肢卒倒腸内出血軍事医学(en)

生理学

シータ波(en), マイヤー反射ルリー徴候トレムナー反射ヴァルテンベルグ反射クボステック徴候クボスティック徴候)、ルスト徴候ベル・マジャンディーの法則汎適応症候群ストレス学説)、ゲートコントロール説(en)、下行性抑制系産熱放熱探索反射捕捉反射吸啜反射歩行反射共鳴反射ヒストトキシンパイレキシン白血球増多因子ネクロシンリウコタキシン知覚過敏帯デルマトーム麻痺に転送。en))、ヨドプシン食事誘発性熱産生(en:Specific dynamic action)

病理学

アザン染色, アフタ, アポトーシス小体, 異型リンパ球, 炎症メディエーター角化(角質化)(en), 桿状核好中球, キセノマ, 凝血, 凝固壊死(en), 棘細胞, 骨柩, 死戦期病変, 絨毛心, 中毒性変化, 敗血性血栓, 斑状赤血球, 反応性リンパ球(en), フォンタナ・マッソン鍍銀法, 副行循環(en), 腐骨(en), 分葉核好中球, ヘモクロマトーシス(en), 落屑(en), 鱗屑(en), 連銭形成(en), アミロイド斑うっ血水腫脂肪浸潤シュモール反応マッソン・トリクローム染色有核赤血球, ヨード反応, リンパ漏, 連銭形成, 囲管性細胞浸潤グリア反応湿性壊疽乾燥壊疽膠性瘢痕不全角化血行静止富脈斑器質化再疎通側副循環ショック腎ショック肺血管反応炎症細胞石灰沈着嚢腫苔癬発赤瘢痕組織被包化原発疹続発疹, 関節鼠, 骨融解, 瘻管, 発生母地, 首座 (病理学)解剖(現在は転送ページ。en)

疫学

横断的研究(en), 生態学的錯誤(en), 発生率(en)

毒性学

Rec assay遺伝性転座試験肝毒性, 呼吸器毒性, 姉妹染色分体交換試験循環器毒性, 消化器毒性, 心臓毒性(en), 腎毒性(en), 生体影響試験中枢神経毒性, 濃縮度試験不定期DNA合成試験, 免疫毒性, 優性致死試験

人体、解剖学

神の回路, 頸切痕(en)、甲状腺峡部胸鎖関節(en)、脊髄副神経肘部管尺骨神経管屈筋支帯伸筋支帯環椎横靱帯環椎十字靱帯歯先靱帯翼状靱帯前縦靱帯後縦靱帯関節内靱帯肛門挙筋大腿骨頭靱帯脛腓靱帯前距腓靱帯踵腓靱帯後距腓靱帯橈骨輪状靱帯方形靱帯足根中足関節横足根関節鵞足絨毛膜(en)、赤核(en)、白質(現在は灰白質へのリダイレクト。en)、生歯(en。関連項目に歯の発生を。)。胸郭en 、現在へのリダイレクト、chest にリンクさせて)

甲状軟骨(en)、輪状軟骨(en)

東洋医学

井穴超電療法良導絡自律神経調整療法疏泄宣散粛降内湿痰飲未病治イオン鍼レーザー鍼譫語鄭声導引粒鍼子午療法刮痧(zhenかっさをリダイレクトに)

看護学

看護助手精神科訪問看護看護師d:nurse 、現在は看護への転送 )

その他

寒冷ストレス, 逆行性射精(en), クローン・アネルギー(en), シードロットシステム, 受胎阻止, 潜在的致死障害, 相対的生物学的効果比(en), 喪失体験基礎体温表霊障リカントロピー, 療育療育医療育成医療歩行周期, 良肢位アクティブバース素因素質(現在ソフトダイレクト頁), 免疫血清, 母子免疫, シャルルーニコルの法則, 合成ペプチドワクン, 成分ワクチン, 多価ワクチン, ベクターワクチン, サブユニットワクチンロボットフェティシズム(en)、100歳以上となった人物の一覧(enスーパーセンテナリアン等にも一部リストあり), ワクチン由来ポリオウイルスミクロスコピアウォルフの法則(en)、ヒッカムの格言(en、作成後オッカムの剃刀のページの関連項目の項にこの項目を入れること。)、発症機序(発病機序)(en), 保存医学(en), 自家診療, 応益負担, 応能負担, オーダーメイド医療実現化プロジェクトシドニー宣言en:Bald's Leechbook,en:Project 523,カンガルーケア(en),en:Health Insurance Portability and Accountability Act(HIPAAを転送ページに。),気晴らしのための麻薬使用/気晴らしのためのドラッグ使用(en)、薬物リハビリ(en)、薬物乱用防止教育(en)、脱施設化(en)、牛乳風呂(en)、床屋医者(en)、がん化学療法に伴う認知機能障害?(en,ケモブレインをリダイレクトに)、上級救命講習赤十字救急法基礎講習赤十字救急法指導員レモン石鹸一類感染症指定感染症

Wikipedia:すべての言語版にあるべき項目の一覧/1万の項目/生物学と保健学

歯 (ヒト)英語版Non-article page筋肉系英語版Non-article page筋細胞英語版Non-article page聴覚系(en:Auditory system)リダイレクト嗅覚系英語版Non-article page視覚系英語版Non-article page神経組織英語版Non-article pageヒトの成長英語版Non-article page月経周期英語版Non-article page外科医(en:Surgeon)リダイレクト眼の検査英語版Non-article page腰椎穿刺(en:Lumbar puncture)リダイレクト脳損傷英語版Non-article page症状(en:Symptom)リダイレクト歯牙修復英語版Non-article page

リプロダクティブ・ヘルスNon-article page外傷学英語版Non-article page

リダイレクト


編集  

お知らせ

  • 2005年3月5日、ポータルを正式リリースしました。このポータルへの参加を歓迎します。良いアイデアがありましたらノートなどでご提案ください。
  • 特集項目・重点分野の候補を募集しています。
  • 医学関連のスタブ項目には {{Medical-stub}} を使いましょう。
  • 関連ウィキプロジェクトの参加者を募集しています。
  • 以下のページは定期的な更新が必要です。皆様の更新をお待ちしています。
  • 最近の話題
  • 新着記事より: 新着項目からのピックアップ
  • 新着項目: 医学と医療関連の項目があったときに更新。自分で投稿した場合もご自由に追加してください。ここに掲載するのが適切か否かの判断基準も募集中です。
  • 依頼: 今のところ査読、翻訳、加筆、執筆依頼があります。