SUGOCA
Sugoca-Card.jpg
SUGOCA
通称 スゴカ
導入 2009年
規格
運用 JR九州
通貨 日本円 (最高チャージ金額20,000円)
プリペイド機能 あり
有効期限 10年
自動チャージ あり
取扱事業者
販売場所
  • 券売機
  • みどりの窓口
  • インターネット
追加機能
  • JQ SUGOCA
ウェブサイト https://www.jrkyushu.co.jp/sugoca/
SUGOCAが使える自動改札機
JR博多駅
SUGOCAの簡易カードリーダー
(鹿児島本線長洲駅
SUGOCA対応の自動券売機
(日豊本線帖佐駅
SUGOCA対応のチャージ機(長崎本線長崎駅
SUGOCAのロゴが入ったカードリーダー
(主にコンビニなどの店舗用R/Wとして使われている)
「タッチ&ゴー」の動き

SUGOCA(スゴカ)は、九州旅客鉄道(JR九州)が2009年平成21年)3月1日から導入したサイバネ規格ICカード乗車券である。

本項では、SUGOCAのオートチャージ機能に対応したJR九州のクレジットカードである『JQ CARD』及び共通ポイントサービスである『JRキューポ』(旧SUGOCAポイント)についても記す。

概要

JR九州が2009年3月1日に導入した在来線用ICカード乗車券で、JRのICカード乗車券としてはSuica東日本旅客鉄道:JR東日本)、ICOCA西日本旅客鉄道:JR西日本)、TOICA東海旅客鉄道:JR東海)、Kitaca北海道旅客鉄道:JR北海道)に次いで5番目。

SUGOCAとはSmart Urban GOing CArd の略称を「凄い」を意味する肥筑方言「凄か」にかけた名称である。CMなどでは「スッ!とゴー!でSUGOCA」といった表現も使われている。

発行枚数は導入約1ヶ月後の2009年4月5日に10万枚、2009年11月11日に20万枚[1]、2011年3月23日に50万枚を突破し[2]、2013年7月29日には100万枚を突破した[3]。2019年3月1日時点では279万枚発行されている。[4]

カードの裏面の右下に記載の番号は「JK」で始まる15桁の英数字であるが、この「JK」はJR九州の英語表記「JR Kyushu」の頭文字を採ったものである。

キャラクター

ロドニー・グリーンブラットのイラストによる「カエルくんと時計くんの組み合わせ」を採用している。ロゴは黒色で、「SUGOCA」のOの右側と続くCの色を白色に反転させ、「IC」カードであることを表している。ちなみに、ロドニー・グリーンブラットはかつてJR九州の特急回数券「2枚きっぷ・4枚きっぷ」のイメージキャラクターを務めていたPUFFYのCDジャケットのデザインも手がけていた。カードに描かれているカエルくんと、ポスターやグッズなどに描かれているカエルくんとでは、絵のタッチが微妙に異なっている。

種類

SUGOCA乗車券およびSUGOCA定期券は、新規購入時には500円のデポジット(預託金)が必要で、払い戻し時に返却される。SUGOCA乗車券の新規発売額は2000円(うち500円がデポジット)。鉄道乗車及び電子マネーでのストアードフェア(SF)に利用できる残額の、チャージできる上限は20,000円である。

無記名式SUGOCA乗車券
乗車券機能と電子マネー機能のみで、定期券機能が付加されていない持参人式のSUGOCA。JR九州のSUGOCAエリア内のみどりの窓口と、SUGOCA発売機能付自動券売機で発行する。大人用のみ。
カードデザインは通常デザインと特別デザイン(記念SUGOCAを含む)がある。特別デザインカードは無記名式限定となり、記名式やSUGOCA定期券としての新規発売や変更扱いは出来ない[5][6][7]
記名式SUGOCA乗車券・小児用SUGOCA乗車券
乗車券機能と電子マネー機能のみで、定期券機能が付加されていないSUGOCA。JR九州のSUGOCAエリア内のみどりの窓口でのみ発行する。購入申込書の記入が必要。
小児用は使用期限(小学校卒業の年度の末日)が記される。購入時に公的証明書の呈示が必要。
SUGOCA定期券
記名式SUGOCA乗車券に定期券の機能を付加したもの。通常の定期券機能を付加した狭義のSUGOCA定期券のほか、特急列車自由席が利用できるエクセルパス在来線特急定期券)の機能を付加したSUGOCA特急定期券(SUGOCAエクセルパス)もあり、他のJR各社では発行されていないICカードによる在来線特急定期券である。子供用は通常のSUGOCA定期券のみで、SUGOCA特急定期券の子供用は発行されていない。いずれもSUGOCA利用エリアのみでの利用である。新規購入では定期運賃相当額やエクセルパスの運賃・料金の合計の相当額にデポジットの500円を加えた額、SUGOCA乗車券からの変更では定期運賃相当額等のみが発売額となる。磁気定期券からの変更ではデポジットの500円が必要になる。
SUGOCAエクセルパスについては、紛失した際などには乗車券部分の再発行は可能だが、特急券部分の再発行はされない(再発行時に特急券の付与されないSUGOCA定期券への切り替えも可能)。福岡市地下鉄及び北九州モノレール以外の他社線との連絡定期券はSUGOCA定期券として発行できない。
mono SUGOCA
2015年10月1日から北九州高速鉄道(北九州モノレール)で発売しているカード[8]。デザインが一部モノレール仕様となっている点以外は通常のSUGOCAと同じで、無記名式と記名式があるほか、記名式には定期券機能を付与することが出来る。
北九州モノレールとJRの連絡定期券(小倉駅経由)も発行される[注 1]。発売額はモノレール区間定期券とJR区間定期券の単純合算で乗継割引はない。
クレジットカード機能付きSUGOCA
クレジットカードにSUGOCAを同梱させた一体型SUGOCA。クレジット決済によるオートチャージに対応。以下の種類がある。
  • JQ SUGOCA - JR九州のクレジットカードである「JQ CARD」との一体型カード。国際ブランドのや提携カードの組み合わせなどにより複数のブランドがある。詳細後述
  • AOYAMA マスターカード SUGOCA - 青山商事(洋服の青山)のハウスカードである「AOYAMAカード」にSUGOCA機能を付与した一体型カード。2013年3月1日発行開始[9]青山キャピタル発行で、九州内の洋服の青山店舗での申し込みのみとなる。国際ブランドはMasterCardが付帯し、SUGOCAのオートチャージに対応。定期券機能の追加は不可。
  • イオンSUGOCAカード - イオングループのクレジットカードであるイオンカードにSUGOCA機能を付与した一体型カード。2013年4月1日発行開始[10]イオン銀行発行で、九州内のイオングループ各店舗店頭またはイオンフィナンシャルサービスの専用サイトからの申し込みのみとなる。国際ブランドはVISAが付帯し、SUGOCAのオートチャージに対応。定期券機能の追加は不可。
  • arecore SUGOCA - ふくおかフィナンシャルグループ傘下の福岡銀行及びFFGカードが発行するクレジット一体型キャッシュカード「arecore カード」(アレコレカード)に、SUGOCA機能を追加したカード。2013年9月2日発行開始[11]。福岡銀行・熊本銀行親和銀行の3行の窓口での申し込みのみとなる。国際ブランドはVISAが付帯し、SUGOCAのオートチャージに対応。定期券機能の追加は不可。
デビットカード機能付きSUGOCA
各銀行のデビットカードにSUGOCAを同梱させた一体型SUGOCA。以下の種類がある。