秀逸な記事の選考秀逸な記事に掲載するのにふさわしい記事であるか選考する場です。ウィキペディアの百科事典としての価値を高めることを目的としています。優れた記事の推薦と、それらの査読と批評を歓迎します。

可否は投票によって決定されます。投票または推薦の前にルールに一通り目を通すようお願いします。IPユーザからの推薦・投票は無効となっています。ログインしてください。コメントは記事そのものの質について行って下さい。ルールについてのご意見はこのページのノートにどうぞ。

選考ルール

秀逸な記事の目安

以下に秀逸な記事の目安を挙げます。「秀逸な記事」への推薦や、推薦された記事へコメントする際の参考としてください。

  1. 高い完成度で文章や構成がよくまとめられている。(可能なら)図や画像や表なども使われ、説明を補助している。
  2. 詳しくない読者にもその主題について理解できるように、わかりやすく書かれている。ただし、高度に専門的な主題を扱ったものであれば、関連記事を読んで理解していることを前提にするのは問題ない。
  3. 必ず説明されるべき点から主な関連事項までが含まれ、内容が充実している。ただし、どこまでを含むかは他の記事との連携・分担関係にもよる。
  4. 専門的な資料から関連資料に至るまで、主題についてよく調査されている
  5. 観点の中立性が保たれている
  6. 必要な出典が記事全体を通して十分に挙げられており、個々の記述の根拠が脚注や本文中で明らかにされている。特に、肯定的・否定的・主観的な表現については出典が付けられていることが望ましい。
  7. 以上の点が全て満たされている。

他にWikipedia:素晴らしい記事を書くにはWikipedia:完璧な記事も参考になるでしょう。

推薦の仕方

素晴らしい記事を書き上げたり見つけたりしたら、「秀逸な記事の目安」に照らし合わせながら、もう一度じっくりと全文を読み直してみて下さい。その上で十分に秀逸であると思ったならばこのページで推薦して下さい。査読依頼で他の人の意見や評価を受け、それらを内容に反映させてから推薦するとより良いでしょう。まだ「秀逸レベル」ではないけれど、みんなに見てもらいたい、という場合は良質な記事の選考に提出すると良いでしょう。

IP利用者による推薦は不可です。登録利用者ならどなたでも「秀逸な記事」に推薦することができます。自薦・他薦は不問です。自薦の場合はその旨を述べて下さい。

1人の利用者が同時期に推薦できる記事数は3つまでです。これは「秀逸な記事の選考」のページに同一人物の推薦した記事が4つ以上あってはならないことを意味します。推薦したい記事が4つ以上ある場合は、まず3つを推薦し、いずれかの選考が終了した時点で、4つ目以降の推薦を順次行ってください。


投稿の仕方はまず、上記のボックスに記事名を入力して(末尾の日付は推薦した年月日であり、そのままにしてください)、「選考ページを作成」のボタンをクリックします。すると、ページ作成画面が選考ページのひな型つきでロードされるので、そのひな型を編集して投稿してください。推薦理由にはなぜその記事を推薦するのか、客観的かつ簡潔に書いて下さい。選考ページのひな形は下記の通り。

=== {{Page|選考対象記事名}} ===
'''賛成/条件付賛成/保留/反対 0/0/0/0''' この項目の選考期間は、{{subst:#time:Y年n月j日 (D) H:i|+3months}} (UTC)('''{{subst:#time:Y年n月j日 (D) H:i|+3months+9hours}} (JST)''')までです。
*(推薦)推薦理由を記述。--~~~~

サブページを作成したら、この選考をより多くの人に知ってもらうために、以下の三点を行ってください。

  1. 下の「選考中の記事」リストの一番上に{{Wikipedia:秀逸な記事の選考/選考対象記事名_yyyymmdd}}を追加して、選考サブページを読み込むようにします。
  2. Template:選考中の記事・画像一覧の選考中の記事リストに追加。
  3. 選考対象記事のノートページに{{

    投票権があるのは以下を除いた利用者です。

    投票権があれば編集に関わった人でも投票できます。投票権のないユーザーの投票はコメントとして扱われます。不適切な多重アカウント・ブロック逃れについては投票・コメントとも無効とされ、除去されます。ただし、選考終了後にさかのぼっての取り消しは行われません。

    コメントの際には以下の形式を用いて下さい。

    1. *(賛成): 《的確なコメント》~~~~ - 現状で問題ないとき。ただし全文をよく読んだ上で投票すること。
    2. *(条件付賛成): 《的確なコメント》~~~~ - あと少し手を加えれば賛成しても良いとき。
    3. *(保留): 《的確なコメント》~~~~ - 大幅に手を加えなければ賛成できないとき。
    4. *(反対): 《的確なコメント》~~~~ - 決定的な問題があるとき。
    5. *(その他):《的確なコメント》~~~~ - その他秀逸な記事の選考に関するコメントを行うとき。

    投票・コメントの際は署名を忘れずに。条件付賛成・保留・反対票を投じる際は、執筆者に改善方法が伝わるように、できるだけ具体的な問題点を指摘してください。賛成の場合も他人が納得するであろう評価をしてください。投票には好みや主義、執筆者・推薦者に対する意見、副次的な影響等を含めないでください。記事*そのもの*に対する客観的な意見をお願いします。詳しいコメントや議論は当該記事のノートで行って下さい。コメントした人はできるだけ議論に参加し、意思表示をすることが望まれます。なお、意見を変更する場合は、削除ではなく <del> ... </del> を使って訂正してください。

    秀逸な記事にふさわしいかどうかは上の「秀逸な記事の目安」が判断の手助けとなるでしょう。あなたがその記事の専門家なら是非意見を書いていって下さい。あなたの意見でその記事がより良いものになるはずです。そして、できることなら記事の編集に参加してみてください。

    票の無効化

    他の利用者によって異議申立てがなされ、合意によって票を無効とすることがあります。

    • 条件付賛成、保留、反対票は、票を投じた利用者が受け入れなくとも、他の参加者が「挙げられた問題点が十分改善された、または対応が不要である」と合意した場合は無効とされます。
    • 賛成票も、票を投じた利用者が受け入れなくとも、他の参加者が「不適当な理由による賛成票」と合意した場合は無効とされます。
    • 無効に賛成するのが異議申立て者のみであっても、2週間以内に返答がないときは合意がされたとみなすこともできます。
    • いずれの場合でも十分に客観的な意見を述べるようにしてください。

    選出基準

    「賛成票が3票以上」かつ「賛成票が全体票数の3/4以上」の状態(以下、選出条件と呼ぶ)が1週間継続した場合、選考通過となります。ただし、この1週間の間に賛成票への異議申立てがあった場合には、

    • 申立てから2週間以内にその賛成票を無効とする合意が形成されれば、票を無効として選考を継続します。
    • 申立てから2週間以内に合意が形成されなければ、票を有効として選考通過となります。
    • ただし、票の無効・有効の決定に関わらず、新たな投票や既存票の変更がなされ、これらに対し異議申し立てなく選出条件が1週間継続すれば、その時点で選考通過で終了となります。

    全体票数とは賛成票・条件付賛成票・保留票・反対票を合わせた総数のことで、その他・コメントなどは除きます。選出条件を満たした時点で、期限まで1週間を切っていた場合については#選考期限と延長を参照ください。

    選考期限と延長

    基本的な選考期間は最大3か月です。以下の条件に該当する場合は、選考期間を3か月から延長します。

    1. 「推薦から3か月」の期限まで残り1週間を切ってから賛成票が投じられ、選出条件を満たした場合、全ての賛成票に異議申立て期間を与えるために最後の賛成票が投じられた時点から1週間後まで延長します。
      • 延長中に賛成票への異議申立てがなければ選考通過とします。
      • 申立てがあった場合は、#選出基準に示された規定に従って申立てからさらに2週間延長して、票を無効とするか有効とするか合意によって決定します。
      • 推薦から3か月経過後は新規投票はできなくなり、コメントか、既に投じられた票の変更のみが可能となります。
    2. 「推薦から3か月」の期限まで残り2週間を切ってから条件付賛成票・保留票・反対票が投じられ、選出条件を満たさなくなった場合、または、「推薦から3か月」の期限まで残り2週間を切ってから、条件付賛成票・保留票・反対票の投票内容について質問(またはそれに対する回答)があった場合、反対意見に対応するための期間として選考を1か月延長します。
      • 推薦から3か月経過後は新規投票はできなくなり、コメントか、既に投じられた票の変更のみが可能となります。
      • 「推薦から4か月」の延長期限まで残り1週間を切ってから賛成票への変更が行われ、選出条件を満たした場合、上記の1と同じように再延長します。
    3. 「推薦から3か月」が経過した時点で、賛成票が1票以上で、かつ他の票がない場合、選考期間を1か月延長します。
      • 以下の3項目の実施を行ってください。
      • 「推薦から4か月」の延長期限まで残り1週間を切ってから賛成票が投じられ、選出条件を満たした場合、上記の1と同じように再延長します。
      • 「推薦から4か月」の延長期限まで残り1週間を切ってから条件付賛成票・保留票・反対票が投じられ、選出条件を満たさなくなった場合、上記の1と同じ理由にもとづいて、最後の条件付賛成票・保留票・反対票が投じられた時点から1週間後まで延長します。
        • 延長中に条件付賛成票・保留票・反対票への異議申立てがなければ選考不通過で終了となります。
        • 申立てがあった場合は、申立てからさらに2週間延長して、票を無効とするか有効とするか合意によって決定します。
        • 推薦から4か月経過後は新規投票はできなくなり、コメントか、既に投じられた票の変更のみが可能となります。

    早期終了

    下記の条件を満たすとき、選考終了予定日を待たずに選考は早期に終了されます。注意:賛成票に条件付賛成票や保留票は含まれません。

    • 反対票のみが3票以上集まり、その状態が1週間継続した場合。現時点では通過の見込みがないものとして選考終了となります。
    • 賛成票がない状態で、推薦者が取り下げ意思を示した場合。取り下げとして選考終了となります。
    • 推薦者が不正な多重アカウントとして無期限投稿ブロックを受け、他利用者による有効な賛成票がない場合。推薦無効として選考終了となります。

    「批判」について

    秀逸な記事に仕上がるためには厳しい批判の視点が必要です。ここで言う批判とはその記事をより良くするために行う指摘のことです。決して他人を攻撃することではありません。記事の内容に関して常に中立的な視点からコメントを行って下さい。お互いに敬意を払うことを忘れず、最低限の礼儀は守るようにして下さい。これらは建設的な議論を行うために必要なことです。

    批判によって気分を害する人もいるかもしれません。しかし、その批判が意図することを冷静に受け止めて下さい。おそらくそれによってより良い記事に仕上がるはずです。こうして批判をくぐり抜けた質の高い記事が増えることで、ウィキペディア全体の質が向上することでしょう。


選考中の記事

現在時刻: 4月 17日 土曜日 11:40 (UTC) (キャッシュ破棄

賛成/条件付賛成/保留/反対 0/0/0/0 この項目の選考期間は、2021年7月16日 (金) 11:14 (UTC)(2021年7月16日 (金) 20:14 (JST))までです。

  • (推薦) 他薦です。読みやすい記事で、十分に新鮮な内容となっております。ご指摘いただければ、ある程度の手直しは可能です。--貴章魚会話) 2021年4月16日 (金) 11:14 (UTC)
  • 賛成/条件付賛成/保留/反対 0/0/0/0 この項目の選考期間は、2021年6月29日 (火) 11:30 (UTC)(2021年6月29日 (火) 20:30 (JST))までです。

    • (推薦)自薦です。作成してから数年経ちますし、私も久しくWikipediaを離れておりましたので、現在のFAのレベルに達しているかはわかりません。が、内容精査した上でよりよい記事にしたいという思いを含めて自薦いたします。--Hideokun会話) 2021年3月29日 (月) 11:30 (UTC)

    (コメント):

    1. いくつか、文章術の観点から改善が必要な文があると思われます。
      1. 「特にペロポネソス半島での蜂起は辺境であること、在地オスマン帝国軍司令官フルシト・パシャ (en) がイピロスのアリー・パシャ討伐のために遠征していたことからギリシャ反乱軍の本拠地と化したが[# 30][59]、ギリシャ南部の山がちで島の多い地形に助けられていたことが大きく、そしてギリシャ軍に参加した諸勢力が様々な思惑や利益から参加していたに過ぎず、不統一な戦闘集団に過ぎず、内陸部、ペロポネソス半島、島嶼部などにおいて指導者もちがい、さらにファナリオティス対ゲリラ指導者、地主対農民、富裕な船主対船員などの対立か生じていたため、呉越同舟的な一面を持っていた[100]。」
        1文が長過ぎです。最後の術語「呉越同舟的な一面を持っていた」の主語も不明確になっています。文章を小分けして、読みやすくする必要があります。
      2. 「そして、それまでギリシャ軍を指揮していたアフェントゥリウスに代わりトバズィスが義勇兵と共に送られたが、これに対してエジプト軍は司令官をヒュセイン・ベイに交代させたが、ヒュセインは洞窟に逃げ込んだキリスト教徒らを窒息させるなどのテロ的な手法を採用、クレタ島では村々に火が放たれ、住民らは追放された[130]。 」
        "~が、~が、"で文章が続いており、稚拙で読みづらい文になってしまっています。これも、「共に送られた」あたりで一旦文章を切るなどの修正が必要です。
      3. 「そのため、ギリシャ軍は徐々に追い詰められクレタ島東部へ撤退していたが、結局、クレタ島のギリシャ軍の大部分はカソス島へ退却したが、1824年4月、カソス島の人々はエジプトへ連行された。」
        上に同じく、"~が、~が、"。
      4. 「1822年、ヴェローナで会議が開催されると議論自体は「トルコの自制を待つ」という結論で終了したが、これはトルコの圧政について議論が続いて会議が紛糾する恐れがあったためであったが、結局、この会議が開催されたことで1815年以来続いていたウィーン体制に暗雲が垂れ込めた[134]。 」
        上に同じく、"~が、~が、"。
      5. 「そして1821年9月にはスリオーテスとアルバニア人の間で協定が結ばれたが後にスリオーテスが追放されるとこの協力は解消された[113]。 」
        スリオーテスなる人物はここで初出で、いきなり登場して協定を結ぶので面食らいます。肩書などを付け加えるなどして説明が必要と思われます。
      6. 「そして1821年3月25日、パトラ府主教パレオン・パトロン・ゲルマノス (en) が聖ラヴラ修道院で十字架を掲げ『自由か、さもなくば死か』と叫び、ギリシャ人兵士らに向かって戦いの宣誓を行って「革命政府(ディレクトリア)」を開設したが、この3月25日はギリシャ独立記念日として今なお祝われている[# 27][93][91][85][73][92]。」
        致命的におかしいというわけではないですが、ここでは「~開設した"が"、」で文を続けない方が良いと思います。
      7. 「そしてイギリスはロシアの単独行動を危惧したこととヨーロッパ全体にギリシャ革命への同情が波及することを恐れていた[137][79][138]。」
        この文を素直に読むと、イギリスは"ロシアの単独行動を危惧したこと"と"ヨーロッパ全体にギリシャ革命への同情が波及すること"を恐れていた、と読めますが、本当でしょうか? 後半の目的語はともかく、「"ロシアの単独行動を危惧したこと"を恐れる」というのはどう考えても変な表現に思われます。正しくは、
        「そしてイギリスはロシアの単独行動を危惧し、さらに、ヨーロッパ全体にギリシャ革命への同情が波及することを恐れていた」
        のような感じでしょうか。
      8. 「その一方で、当時、ナポレオンの出現により民族意識の覚醒が始まっていたが、これを抑えるために列強諸国はウィーン体制を築いて旧秩序の維持を図っていた。しかし、バルカン諸民族はこれに逆行する活動を行いながらも列強等の支援をあてにしており、神聖同盟を結んでいた列強らも結局、これを支援することになった。これは神聖同盟とイスラムとの対立という図式を明確にし、さらにその後もバルカン半島へ列強等が干渉する予兆となった[174]。」
        一連の文の中に「これ」という指示代名詞が複数回登場し、何を指しているのか不明瞭になっています。最初の「これ」の指示対象に解釈振れは起こりえないですし、2回目の「これ」も気にするほどではないでしょうが、3回目と4回目の「これ」になってくると、何を指しているのか自明ではなくなっています。具体的な言葉に置き換えるなどの改善が必要と思われます。
      9. 「さらにバルカン半島諸民族による民族運動の中心人物は知識人、商人、僧侶らが中心となってきっかけをつくった。」
        前半のハ格(主題節)と後半の叙述文の関係が妙です。後述する文も考慮すると、「の中心人物」が余計なんだと思われます。
      10. 「また、独立戦争に参加した諸勢力の利害関係や性格の面で多様性が見られること、列強の干渉に依存したこと、国民の大多数である農民らが独立戦争においても、その後の建国後の活動においても取り残されていたということからある意味、ブルジョア革命であったが、モルドバ、ワラキア両公国の反乱と関連したことから民衆運動の側面もあり、バルカン近代史の一環であったと考えられ[177][178]、セルビア、ギリシャと続いた革命はルーマニア、ブルガリア、マケドニア、トラキア、アルバニアでの民族解放闘争の開始にいたり、第一次世界大戦開戦にいたるまでのバルカン半島の歴史そのものであった[179]。 」
        1文で長過ぎです。長い文が必ずしも悪だとは思いませんが、すくなくともこの文はわかりづらいです。おそらく前半と後半で主語が少し違うであろう点も、それに拍車をかけています。
        「また、独立戦争に参加した諸勢力の利害関係や性格の面で多様性が見られること、列強の干渉に依存したこと、国民の大多数である農民らが独立戦争においても、その後の建国後の活動においても取り残されていたということからある意味、"独立戦争は"ブルジョア革命であったが、モルドバ、ワラキア両公国の反乱と関連したことから民衆運動の側面もあり、バルカン近代史の一環であったと考えられる。また、"セルビア、ギリシャと続いた革命は"ルーマニア、ブルガリア、マケドニア、トラキア、アルバニアでの民族解放闘争の開始にいたり、第一次世界大戦開戦にいたるまでのバルカン半島の歴史そのものであった。 」
        という感じでしょうか。
    2. 注釈が多く、私には少々過剰に感じました。これは変更しなければ賛成できないというわけではありませんが、必要な内容なら本文中に書く、この記事に書く必要性がさほど無いなら省く、といったようにもう少し吟味して注釈を絞り込めないものでしょうか。
      例えば、注釈50の「カポディストリアスによればギリシャの独立はあくまでも列強国の妥協による「棚からぼたもち」的なものであり、成熟したギリシャ人らが自ら進んで得たものではないとしていた。そのため、ギリシャが本当の独立を得るには自ら強力な指導力を発揮してギリシャ人の教育を行わなければならないと考えていた[150]。」は本文中に書いても自然に感じます。
    3. 「そのためにコリントス湾北の大陸ギリシャ地域に派兵して既成事実の形成などの努力を行ったが、露土戦争が発生したために国境の決定は1932年に持込される[155][156]。 」
      この文の「1932年」は正しいですか? この記事中の1832年のギリシャ独立のことかと思い、誤記の可能性を感じました。ググった程度ですが、1932年にギリシャの国境を決めるような出来事は見当たりませんでした。
    4. 画像使用に関して、記事中の前半あたりのどこかに地図画像を示すと、記事がもっと分かりやすくなると思います。例えば、白地図に、この記事で重要となる場所・地域や、当時のオスマン帝国の支配地域などを示したようなもののイメージです。本文で、何とか島、何とか半島、何とか海、と言われても、やはり多くの読者にとっては馴染みがなく、位置関係が想像しづらいのが実際だと思います。このような地図画像が掲示されていれば、読者にとって記事内容がもっと頭に入りやすくなると思います。--

      賛成/条件付賛成/保留/反対 2/0/0/0 この項目の選考期間は、2021年5月6日 (木) 07:12 (UTC)(2021年5月6日 (木) 16:12 (JST))までです。

      • (推薦)直近に主要部分を加筆をしたので自薦となります。事故の経緯、事故調査、その後の対策等について、一通りの説明ができたと考えております。皆様からご意見やご助言をいただけますと幸いです。--Mogumin会話) 2021年2月6日 (土) 07:12 (UTC)
      • コメント 記事のテーマについては明るくありませんので文章構成に限定してコメントいたします。この種のテーマは「1.事故の経緯」「2.事故原因」「3.対策」の3つが明確になっていて欲しいのですが、「2.事故原因」が「事故調査」節の冗長な文章に埋もれて不明瞭な印象を受けます。記事冒頭の導入文は3点が段落分けされていて非常に明確なのですが、本文では「事故原因の解説」ではなく「事故調査報告書の解説」になってしまっていることが原因ではないでしょうか?それゆえ事故原因とその他の問題点(たとえば緊急降下時の速度、管制官の指示など)に適切な重み付けがされておらず、結果として事故原因が不明瞭な印象となっていると思います。さらに事故原因の因果関係は「結果(機体外板の喪失)→原因(点検で亀裂を発見できなかった、フェイルセーフが機能しなかった、ADの不備、ラップジョイントの欠陥など)→原因を防げなかった要因(アロハの検査体制、ボーイングが想定していなかった飛行回数、FAAの監督など)」に流れる方が把握しやすいと思いますが、全体として主従関係が明確ではなく(たとえば「与圧荷重による破壊」節の内容は「整備の実態」節の飛行回数に関する説明とおもいますが、今の文章構成からはそのように読み取るのが困難です)、さらに「推定原因」節では「アロハ航空の整備プログラムが~最終的に~要因として~」と原因→結果→要因の順で記述されていることから分かりづらい記述になっています。主題は「事故」であるので「事故原因」が主で「事故報告書」を従とした内容に構成しなおすのが望ましいと思います。とはいえ、秀逸な記事に選ばれているユナイテッド航空232便不時着事故でも同じような文章構成になっており、事故調査について詳細に記述する方法が航空ポータル等で推奨されているのかもしれません。感想の一つとしてコメントいたします。また上記とは別に「犠牲者」「事故機のその後」節は内容が少なく、「事故の経過」節の最後に纏めても良いかもしれません。--あずきごはん会話) 2021年2月7日 (日) 09:04 (UTC)
        • 早速お読みくださり、ありがとうございます。ご感想とのことですから返答という形は控えさせていただきます。
        • その代わりとして、これから選考にご参加くださる方向けに、私の考えをいくつか書かせていただきます。
          1. この事故の場合、詳細な事故調査を実施したのがNTSBのみですから、事故調査報告書が最も科学的で確からしい文献と考えられます。参考文献に挙げた文献でも、概ね調査報告書の内容に沿った説明となっています。したがって、WP:RSWP:NORの観点からは、調査報告書に沿って解説するのが妥当と考えられます。
          2. 一方で、航空事故調査の一般論として、事故調査報告書の論理展開や結論は、「真実」であるとは限りません。あくまで調査委員会の調査結果です。したがって、多少くどくなっても、調査報告書に依存した解説だと分かるような記述を心がけました。
          3. 事故原因に関わるそれぞれの要因は、一本道の「因果関係」にはなっていませんので、説明順については、各文献を参考にしつつ苦心したところです。
          4. 「乗務員の対応」節は「推定原因」節と順序を入れ替えても良いかもしれません。
          5. 「犠牲者」節と「事故機のその後」節は、他の節に入れることも考えましたが、収まりが悪かったので、現在の節分けにしました。
        • 以上です。--Mogumin会話) 2021年2月7日 (日) 12:52 (UTC)
          • もう少し考えまして、「犠牲者」節と「乗務員の対応」節を合わせて事故調査の前に置いてみました(差分)。ご意見いただけますと幸いです。--Mogumin会話) 2021年2月8日 (月) 03:19 (UTC)
      • 読みやすく良い記事になっているものと思います。良質な記事の水準はクリアしていると考えていたので、推薦しようかと思っていたのですが、先にこちらに出てきたのでコメントさせていただきます。いくつか疑問点がありますが、解消しづらいところもあるかと思いますので、できなければできないで説明していただければ結構です。
        • 「事故当日のAQ243便」の節、ホノルル、カフルイ、ヒロの3空港を行き来していたことが記述されていますが、本文中ではカフルイ空港だけマウイと島名で記載されているのはなぜでしょう。出典がそうなっているのかもしれないですが、不統一を感じました。ダニエル・K・イノウエ空港に改称されたのは事故後だから、ホノルル空港として参照するというのはわかります。
        • 「胴体の基本構造と破壊の程度」節、セミモノコック構造の機体なので、胴体全体で強度を支えているはずですし、航空機は軽量化のために余分な強度は持たないものだと思うのですが、こんなにも胴体上部が失われて、残りの部分だけで機首を支えて飛行を継続できたのは、強度的には不思議なものではないのでしょうか。モノコックと言えどもやはり下部が大きな強度を受け持っているから、上部が失われてもなんとか大丈夫ということなのでしょうか。
        • 「なぜ亀裂が見逃されたか」の節で、ADで指示されたリベットの検査が非常に煩雑で、人間の注意力では限界である、というのはよくわかります。それでも、亀裂を発見して対策するのはこれ以外に方策をちょっと考えづらい気もします。「事故後の対策」の方では、「総合的な腐食対策プログラム」CPCPなるものが出てきますが、これではそうした煩雑な検査をしなくてもうまく腐食に対応できるものなのでしょうか。どんな対策なのか気になります。--Tam0031会話) 2021年3月3日 (水) 15:41 (UTC)
      返信 Tam0031さん、お読みくださり、ありがとうございます。ご指摘を受けて対応できるものを改善しました(差分)。以下の通りご回答します。
      空港名について
      事故調査報告書を含めて文献を一通り確認したところ、なぜか全て「マウイ」表記になっていますね。その方が通りが良いのかもしれませんが、、、。とはいえ詳しくない人には不親切と思いましたので、島名と空港名を併記しました。
      なぜ破壊後に飛行が継続できたか
      恐らく残存構造体の安全率の範囲内に収まったのだとは思いますが、ちょっと加筆は難しそうです。事故調査報告書には "Survival Aspects"という節があるのですが、この点には触れていません。私が確認できた範囲では、ほかの分析等も見つかりませんでした。分析されていない理由はわかりませんが、私の想像では、ここまで破壊されたケースで強度解析等を行っても航空安全には寄与しないからではないかと思います(もっと手前で食い止める安全策にリソースを投じた方が合理的ということと思います)。
      「総合的な腐食対策プログラム」について
      事故後に同様の検査がどれくらい行われているかは分かりませんが、対策プログラムは予防も含めた対策のようです。少しですが加筆しました。
      以上です。ご確認いただけますと幸いです。--Mogumin会話) 2021年3月4日 (木) 10:33 (UTC)
      賛成 確認しました。破壊後の飛行継続の理由は、もし文献にあれば記事で触れていないわけもないと思っていたので、できないだろうと思っていました。他は一応の対策をいただいたので賛成とさせていただきます。--Tam0031会話) 2021年3月6日 (土) 06:47 (UTC)
      • (コメント)コメント作成途中で変更が入ったため、下記のコメントは 2021年3月2日 (火) 05:24‎ 版と 2021年3月4日 (木) 10:38‎ 版についてのものが混ざってます。
        1. NTSBの事故調査報告書を出典としている全箇所について、記事本部と出典内容と比較を行いました。おおむね問題ないようですが、以下の2点が気になりました。
          1. 「どこから破壊が始まったか」の「この目撃者は搭乗時に、ほぼ目線の高さで横に15センチメートルほど伸びた亀裂を見つけた[72]。」について、NTSB 1989, p. 5が出典となっておりますが、「ほぼ目線の高さで横に15センチメートルほど伸びた」に該当する内容は出典中に存在しないように思いました。
          2. 「推定原因」の「737の初期製造機で常温接着の問題が発見された後、(ボーイング社もFAAも)決定的な解決措置を講じなかったこと。これにより接着の耐久性が低下し、腐食や早期の疲労亀裂を招いた。」について、大意は変わらないかもしれませんが、「これ」が「決定的な解決措置を講じなかったこと」を指しているかのように誤解させるように思います。複文になってやや可読性は落ちますが原文に近い構文で、「737の初期製造において、接着の耐久性の低下、腐食、および早期の疲労亀裂をのちに招くことになる常温接着の問題が発見された後、(ボーイング社もFAAも)決定的な解決措置を講じなかったこと。」などと変更した方がいいように思います。
        2. 「想定を超えた事故からの生還」節について、2021年2月6日 (土) 05:56 版から「乗務員の対応」を分離したのは良かったと思います。このセクションは毛色が違う内容であり、現状の記事の方が「事故調査」がよりまとまりよく整ったように思います。ただ、その結果生まれた「想定を超えた事故からの生還」節が、正直なところやや取って付けたような印象を持ちました。仰々しい「想定を超えた事故からの生還」という節名の割には内容が物足りないなと。この節名ならば、「想定を超えた」という点にもっとくわしく説明を重ねる必要があるように思います。何の想定がどういう風に凌駕されたのか、どれだけ考えられない事態だったのか。この節名でいくならば、そういった点をもっと解説しないと、節名と釣り合わないと思います。
        3. 事故調査節について、大きな問題はなく、順当な説明でわかりやすいと思いますが、次のようにもうちょっと細部を改善するとより良くなると私は思いました。
          1. ボーイング社は1972年に常温接着の利用を中止し、以降の生産機ではより気密性の高い方式に改めた[55]。」について、たぶんほとんどの読者はここを読んだ時にこの事故の発生年を覚えておらず、この記述の出来事が事故よりも前なのか後なのか分からないと思います。そして、この出来事が事故よりも前なのか後なのかは、後の説明にもつながってくるとても大きな意味を持っています。「ボーイング社は、この事故に先立つ1972年に常温接着の利用を中止し、以降の生産機ではより気密性の高い方式に改めていた」などと、時系列がわかる書き方へ変更した方がより分かりやすいと思います。
          2. 737型機の胴体は与圧式である[56]。」について、航空機について浅学でありますが、ほとんどの旅客機は与圧式だったと思います。しかし、詳しくない人からすると、今の書き方は「色んな方式がある中で737型機は与圧式である」と書いているような印象を受けます。そこから、「与圧荷重が破壊の根本原因ならその方式を止めればいいじゃん」とミスリードさせてしまう懸念があります。他の出典を加えた上で、「一般的な旅客機と同様、737型機の胴体は与圧式である。」などといった記述に変更できないでしょうか? 
          3. セクション「与圧荷重による破壊」について、このセクションでは、各記述が一般論を説明しているのか、737型機の説明をしているのか、どっちの説明をしているのか読み手が掴みかねるような書き方になってしまっていると思いました。最後の段も、一般的な疲労き裂発生メカニズムを説明しているのかのような書きぶりで、けっきょく737型機でそれが起きたのかどうかハッキリ書かれていません。そのような記述がないまま、次の「どこから破壊が始まったか」では、上記の疲労き裂が737型機が起こった体でどんどん話が進んでしまいます。そのため、例えば、「ラップ・ジョイントでは、その荷重を主に接着で受け持つよう設計されていた」を「737型機のラップ・ジョイントでは、その荷重を主に接着で受け持つよう設計されていた」にしたり、「与圧の繰り返しにより応力も繰り返され、やがて疲労亀裂が発生する…(略)…やがて合体して大きな亀裂となる。」を「与圧の繰り返しにより応力も繰り返され、やがて疲労亀裂が発生する…(略)…やがて合体して大きな亀裂となる。このようなメカニズムによって737型機のラップ・ジョイントでも疲労亀裂が発生したと推定された。」といったように補うと、いま何の説明をしているのか結論は何なのかがクリアになってより良くなると思います。
          4. ボーイング社は、737型機の整備計画規定 (Maintenance Planning Document; MPD) の中でDチェック(いわゆるオーバーホールに相当する構造検査)を2万時間飛行する毎に実施するよう推奨していた[110]。」について、重箱の隅をつつくかのようですが、"MPD"という略語が導入されていますが、この略語はこの後登場しません。一般的に、一文中の情報量が多いほど読み手の内容を把握する負荷が増えます。略語を導入する必要ないのなら、"MPD"は除去したほうがいいと思います。私だったら、読みやすさ向上のためにそれほど重要なキーワードではなさそうな "Maintenance Planning Document" も除去してしまいますが、原語併記を好む編集者もいるかと思いますのでおまかせします。
        4. 「事故後の対策」の「唯一不可とされた勧告は、飛行回数と飛行時間の関係がメーカーの整備計画規定の前提と大幅に異なる運航者を見極め、各社の整備プログラムを適切に是正するよう求めたもので、FAAの対策案をNTSBは不十分としている[143]。」について、言い回しに引っかかりがあります。「勧告」を出すのはNTSBなので、それが不可とされるのは妙です。「唯一不可とされた対策案は、飛行回数と飛行時間の関係がメーカーの整備計画規定の前提と大幅に異なる運航者を見極め、各社の整備プログラムを適切に是正するよう求めた勧告に対するもので、FAAの対策案をNTSBは不十分としている。」といったように改善した方がいいと思います。--Yapparina会話) 2021年3月4日 (木) 13:50 (UTC)
      返信 Yapparinaさん、丁寧な検証と査読をありがとうございます。ご指摘を踏まえて改善しました(差分)。以下の通り、番号で回答させていただきます。
      • 1-1:脚注の付け間違いでしたので、訂正しました。また、前後のつながりを考慮して、若干文章を修正しました。
      • 1-2:ご指摘の通りと思いますので、いただいた文案どおりに修正しました。
      • 2:具体的にどのように想定を超えていたかは、そこまで詳しい文献を得られていないため、加筆が難しそうです。従って、節名のトーンを下げて「乗員の対応に関する評価」としました(若干の補足は追記しました)。合わせて、生存者の人数に関する段落は「着陸」節に入れました(どこに置くか迷うところですが)。
      • 3-1:ご指摘の通りと思いますので、文案を採用させていただきました。
      • 3-2:ご指摘の趣旨に沿って、追記しました。
      • 3-3:ご指摘の通りと思いますので、いただいた文案を基本として修正しました。
      • 3-4:MPDについては、確かに略語として登場させていなかったのですが、ちょっと悩ましいところです。というのは、日本の航空関係者は略語 "MPD" を使うことがほとんどのようで、日本語の定訳が無いようです。「整備計画規程」は 遠藤氏の文献でのみ使用されています(これも、MPDの補足的な和訳として登場している)。ということで、元の文献に準じて"MPD"を使うこととし、注釈で補足するよう改めました。
        他に英文を併記してあった用語については、日本語の定訳が明らかなものは英文を除去しました。MPD同様に明らかな定訳とは言えない専門用語のみ、英文(原語)併記を残しました。
      • 4.:ご指摘の趣旨に沿って修正しました。ここで「整備計画規定」が再出していたので、MPDに変えています。
      いかがでしょうか。ご確認いただけますと幸いです。--Mogumin会話) 2021年3月5日 (金) 09:59 (UTC)
      どうもありがとうございます。1-2は反映されていないようです。--Yapparina会話) 2021年3月5日 (金) 23:28 (UTC)
      返信 うわ、これは失礼しました。うっかりミスでした。反映しました(差分)。--Mogumin会話) 2021年3月6日 (土) 00:48 (UTC)
      (賛成)ありがとうございました。気になる点は解決されたので賛成します。--

      通過した場合

      1. 選考サブページに選考通過の旨を記入します。
      2. Wikipedia:秀逸な記事の選考(このページ)冒頭で通過をアナウンスし、選考通過予定のアナウンスは除去し、選考サブページも除去します。
      3. 当該項目のノート先頭の{{秀逸候補}}を除去し、{{選考審査の記録}}を付けて結果を記入します。すでに{{選考審査の記録}}がつけられている場合は結果を追記します。詳しい使用方法は{{選考審査の記録}}の説明を確認ください。
      4. 当該項目の記事本文に{{Featured article}}というテンプレートを配置します。これにより秀逸な記事の右上隅にその証である小さな星(Cscr-featured.svg)が表示されます。 {{Featured article}}を設置する場所はデフォルトソートの直上が好まれています。Blue star boxed.svg {{Good article}}があれば取り除いて下さい。
      5. Wikipedia:秀逸な記事に当該項目を追加します。
      6. Wikipedia:秀逸な記事の選考/選考結果リストに当該項目の選考サブページへのリンクを追加します。
      7. 当該項目が良質な記事であった場合、良質な記事のリストより秀逸な記事となった記事を除去します。(数字の変更も必ずしてください)また、Wikipedia:良質ピックアップから当該記事要約を除去し、{{良質スケジュール}}を解説サブページに書いてある通りに調節します。
      8. Template:最近のウィキペディアで新しく秀逸入りしたことを告知します。
      9. Template:選考中の記事・画像一覧から当該選考の告知を取り除きます。
      10. [[Wikipedia:秀逸ピックアップ/記事名]]を作成します。(メインページに選り抜き記事として紹介される文章です。)
      11. Wikipedia:秀逸ピックアップに作成した[[Wikipedia:秀逸ピックアップ/記事名]]を追加します。
      12. Template:秀逸スケジュールに通過した記事を追加します。秀逸入りした記事はタイミングを計ってTemplate:秀逸スケジュールの調整用数字の変更により調整してメインページ掲載に出来ます。その際には翌日の同じ時刻に本来の掲載順に戻す事を忘れないで下さい。Template:秀逸スケジュールを変更する場合は最初に[キャッシュ破棄]していないと上手くいかないことがあります。
      13. ウィキデータにおける記事のSitelinkにFeatured articleバッジを割り当てます。

      以上の作業を行う順番は必ずしも上から順に行う必要はありませんが、Template:秀逸スケジュールの変更に関してはタイミングは考慮して下さい。

      通過せず選考終了の場合

      1. 選考サブページに選考不通過の旨を記入します。
      2. Wikipedia:秀逸な記事の選考(このページ)冒頭にその選考に関するアナウンスがあれば除去し、選考サブページを除去します。
      3. Template:選考中の記事・画像一覧から告知を取除きます。
      4. 当該項目のノート先頭の{{秀逸候補}}を除去し、{{選考審査の記録}}を付けて結果を記入します。すでに{{選考審査の記録}}がつけられている場合は結果を追記します。詳しい使用方法は{{選考審査の記録}}の説明を確認ください。
      5. Wikipedia:秀逸な記事の選考/選考結果リスト に当該項目の選考サブページへのリンクを追加します。

      改善されたと思ったなら何度でも推薦できます。

      再選考

      秀逸な記事に既に選ばれているものの中で、「これはおかしいのでは?」と思うものがある場合、秀逸な記事の再選考で再選考を行うことができます。

      関連項目