良質な記事にふさわしい優れた記事を見つけたり、作り上げたら、是非このページで推薦してみてください。あるいは、推薦されている記事を読んでみて、感じたことを投票という形でフィードバックしてみてください。記事に対するたくさんの意見や感想は、執筆者の励みとなります。

※推薦・投票の前に、選考のルールを一通りご確認ください。ルールに関する質問や意見はノートページにお願いします。

はじめに

  • 推薦・投票はログインユーザーのみとなります。
  • コメントは記事そのものに関して行ってください。

良質な記事の目安

以下に良質な記事の目安を挙げます。

推薦や、推薦された記事へコメントする際の参考としてください。

推薦の仕方

通常の推薦

IPユーザーによる推薦は不可です。ログインユーザならどなたでも推薦することができます。自薦・他薦は不問です。自薦の場合はその旨を述べて下さい。また、1人のユーザーが同時期に推薦できる記事の数は3つまでです。

  1. {{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}} というリンクを「選考中の記事」節の一番下に追加します。○○○には選考対象となる記事名を、yyyymmddは推薦した年月日を記述してください(年月日は推薦者の居住地域における標準時夏時間、あるいはUTCのいずれでも構いません)。
  2. 先の投稿によって追加されたリンク先に、以下の形式で推薦してください。推薦者としての賛成票は任意です。投票を控えても結構です。
    === {{subst:Article|選考対象記事名}} ===
    選考終了日時:'''{{subst:#time:Y年Fj日 (D) H:i|+14 days}} (UTC)'''
    *(推薦)推薦理由を記述。--~~~~
    *{{賛成}}:--~~~~
  3. 選考対象記事のノートページに{{良質な記事候補}}を貼付して選考中であることを告知します。
    書式:{{良質な記事候補|選考サブページ=○○○_yyyymmdd|よみがな=△△△}}
  4. さらに広く告知するために、

    月間新記事賞と月間強化記事賞を受賞した記事は、自動的に推薦されます。ログインユーザーならどなたでも推薦の手続きをとることが可能で、自動推薦の記事については「同時期に3つまで」という推薦記事数の制限の対象外となります。推薦の仕方は上記の通常の推薦と同じです。推薦理由については、

    *(自動推薦)20xx年xx月の月間新記事賞受賞記事。--~~~~

    または

    *(自動推薦)20xx年xx月の月間強化記事賞受賞記事。--~~~~

    などとしてください。

    投票の仕方

    選考開始後に作成されたアカウントまたはIPユーザーによる投票は不可です(コメントは認められます)。推薦された記事を編集・執筆した人も投票可能です。投票・コメントは記事の全文をよく読んだ上で、以下の形式で行ってください。{{条件付賛成}}、{{条件付反対}}、{{保留}}などの下記以外の形式での投票は、最終的な投票集計では{{コメント}}と同等扱いとなるのでご注意ください。

    1. *{{賛成}}:記事に対するコメント--~~~~ - 現状で問題ないとき。現状でも良質な記事と認められるが、他に改善点がある場合にはどうぞご指摘ください。
    2. *{{コメント}}:記事に対するコメント--~~~~ - あと少し手を加えれば賛成しても良いとき。問題点を具体的に指摘してください。
    3. *{{反対}}:記事に対するコメント--~~~~ - 大幅に手を加えなければ賛成できないとき。

    記事に問題点がある場合は、その箇所や改善策を具体的に指摘してください。主観を交えず、出来る限り客観的な批評を行ってください。投票内容についての質問がなされ、2週間以内に返答がないとき、投票は無効となる場合があります。不適切な多重アカウントブロック逃れによる投票・コメントは除去され、投稿されなかったものとして扱われます。ただし、選考終了後にさかのぼっての取り消しは行われません。

    選考期間

    選考期間は記事が推薦されてから2週間です。選考期間終了時点で賛成票が3票以上かつ2/3以上の支持がある場合は、良質な記事となります。

    以下の場合に限り、どなたでも選考期間を最大4週間延長することができます。1回の選考は最大6週間までです。

    1. 記事の修正や査読など選考に時間を求める意見が出た場合、最大4週間延長することができます
    2. 延長の希望が表明されていない場合でも、2票の賛成票があり・かつ・反対票が投じられていない場合、選考期間が2週間自動延長されます

    自動延長されたものは、希望が表明されればさらに2週間までの延長が可能です。

    早期終了

    以下の場合は、早期終了として選考を直ちに終了することができます。

    • 反対意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事は見送りとなります。
    • 賛成意見のみ3票以上集まった状態が48時間継続した場合。良質な記事となります。
    • 賛成票がなく、推薦者が取り下げ意思を示した場合。良質な記事は見送りとなります。

    選考が終了したら

    選考が終了したら速やかに以下を実施してください。実施は推薦者でなくても構いません。

    1. 選考対象サブページ(Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd)に選考結果を記入する。
    2. 選考中の記事」節から選考対象サブページ({{Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/○○○_yyyymmdd}})を除去する。
    3. ノートページから{{良質な記事候補}}を除去する。
    4. 記事がTemplate:選考中の記事・画像一覧に追加されていた場合、それを除去する。
    5. Wikipedia:良質な記事/良質な記事の選考/選考結果リストに選考対象サブページを追加する。
    6. 選考を通過して良質な記事となった場合は、
      1. 記事本文のカテゴリ・デフォルトソートの直上に{{Good article}}を貼付する。
      2. 記事のノートページに{{良質な記事}}を貼付する。
      3. Wikipedia:良質な記事/リストへ対象記事を追加し、分類の記事数(括弧内の数字)を更新する。
      4. Wikipedia:良質ピックアップ/ダイジェスト版未作成記事リストに対象記事を追加する。
      5. Wikidataにおける記事のSitelinkにGood articleバッジを割り当てる(登録利用者のみ可能です)。

選考中の記事

現在時刻: 10月 17日 水曜日 14:27 (UTC) (キャッシュ破棄

選考終了日時:2018年10月24日 (水) 16:23 (UTC)

  • (自動推薦)2018年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2018年10月10日 (水) 16:23 (UTC)
  • 賛成 アルミニウムだけでこれだけ歴史を書けるんですね。うまくまとめられている記事だと思います。--Tam0031会話) 2018年10月11日 (木) 15:20 (UTC)
  • 賛成 シンプルにまとめられていておもしろい記事です。記事名ですが、「アルミニウムの歴史」ではなく「アルミニウム利用の歴史」の方がふさわしいと思いました--イココ会話) 2018年10月11日 (木) 22:47 (UTC)
  • コメント スターリンの手紙の一節は何か日本語出典を参考にされたのでしょうか?いずれにせよ、和訳の一例だと思いますので、原文を載せて日本語訳を添える形にした方がいいと思います。冒頭では57,500,000トン、最後では5,750万トンと記載しておりますが、「数千倍に増えた」ということを一目瞭然にするためのテクニックでしょうか?記事名はこのままでいいでしょう。--切干大根会話) 2018年10月12日 (金) 08:26 (UTC)
    • コメント どちらかと言うと元の英語版記事の問題ですが、スターリンの手紙の英語版文章「Give me 30,000 tonnes of aluminium, and I will win the war. 」はかなり劇的にアレンジされたものではないかと言う気がします。この一節はチャーチルの回顧録にあり、1941年9月にソ連側が「この状況から脱する方法はただ一つだと思います。すなわち、東部戦線から敵の三、四十個師団を引き離すことのできる第二戦線を今年中にバルカンかフランスのどこかに確立すること、そして同時に、来る十月までに、アルミニウム三万トンと、毎月最低四百機の戦闘機と五百台の戦車(小型または中型)の援助をソ連に保証することです。」(河出書房版の訳文)と提案してきたとあるものの部分を抽出して改変したものであるように思われます。
英文の原文は「I think the only way is to open a second front this year somewhere in the Balkans or in France, one that would divert 30-40 German divisions from the Eastern Front, and simultaneously to supply the Soviet Union with 30,000 tons of aluminium by the beginning of October and a minimum monthly aid of 400 aeroplanes and 500 tanks (of small or medium size).」です。
また、チャーチルの回顧録にあることからわかるように、これはアメリカからの援助品の分配を巡ってスターリンがチャーチルに送ったメッセージであり、ルーズベルト宛ではないような気がします(グーグル検索でも該当するルーズベルト宛の手紙は検出できませんでした)。英語版のWebにもはっきり(PERSONAL MESSAGE FROM PREMIER STALIN TO THE PRIME MINISTER, Mr CHURCHILL)とあります[1]
出典になっているAluminium: The Thirteenth Elementは、en:Wikiによれば4000部しかコピーされなかったものらしく、ネット上に情報が全然ないので確認できませんでしたが、ロシア製の辞典のせいか、勇ましくアレンジされすぎな気がするのでこの引用自体は不要なように感じます。--TEN会話) 2018年10月14日 (日) 04:25 (UTC)
  • 反対 賛成票を投じるつもりでしたが、金属アルミニウム発見史の初期部分において重要でかつ基本的な物質である「アルミナ」の定義が不明瞭で、よく読むといろいろと誤解も生じかねないと考えられるので、ひとまず反対票とします。
§2 明礬の性質の確立、§3 金属アルミニウムの生成
  • 「アルミナ」
二つの節には各所に「アルミナ」という言葉が出てきますが、これは何を指すのか明瞭でありません。私の考えるところでは、以下の三つの用例が区別せずに使われているように思えます。
1. 現代化学で言うところのアルミナ、つまり酸化アルミニウムのこと。
2. 当時の「明礬の土」として仮定されていた未知の物質に対する(仮の)名称。
3. 実際に明礬にいろいろな処理をして得られた「明礬の土」のこと(現代化学での「アルミナ」と同一の物質かどうかは不明)。
おそらく2.3の例が複合していそうですが、1.も含まれていそうです。そもそも、この時代に化学者が明礬にいろいろな処理をして得た上で、それを「アルミナ」(明礬の土)と考えていた物質が、実際に現代で言うところの酸化アルミニウムだったのでしょうか。そうでないならば、この時代のアルミナは、例えばカッコ書きで「アルミナ」と書くなど、何らかの方法で、現代化学のアルミナとは異なるものであることを明確化した方がよいと思います。
さらに言えば「§3 金属アルミニウムの生成」節では、金属アルミニウムを得るために「アルミナ」に各種の処理をして四苦八苦した研究史が列記されていますが、この研究者達が使った「アルミナ」はどうやって得られたものなのでしょうか。何かの天然物を使用したのか、前節で記述されているように明礬に各種処理を行って得られたものなのか。そして、そもそも本節で述べられている研究者達が使った「アルミナ」はすべて同じ物質だったのか、という点も気になります。
これはかなり本質的で重要な問題であり、この点が明確でないと良質な記事とは言えないと思います。続いて以下に述べることは、一つ一つは細かい点であってGAとしての評価に大きく影響するものではありませんが、まとめるとやはり記事として問題があると思います。
§2 明礬の性質の確立
  • 「スイスの医師パラケルススは明礬をウィトリオルと区別し 、「明礬の土の塩」であると主張した」
この場合の「土」の意味するものに関しては注釈がありますが、「塩」に関しては現代科学の塩 (化学)と同じ、もしくは類似の概念なのでしょうか。異なるのであればこちらも注釈があればよいと思います。それと注釈部分にも出典は必要です。
§3 金属アルミニウムの生成
  • 「彼は無水の塩化アルミニウムとカリウム合金で化学反応を起こさせ、見た目がスズに似ている金属の塊を得た」
この時の「塩化アルミニウム」はどこからどうやって得られたものなのでしょうか。塩化アルミニウムの項目では金属アルミニウムに塩素または塩化水素を反応させて作るようですが、もちろん金属アルミニウム自体が得られなかったこの時代にその方法はありえないでしょう。私が推測するに、ボーキサイトの発見がエールステッドのこの実験に先立つ1821年で、その後1856年の最初の工業生産に使われたドビーユの方法も塩化アルミニウムを使用した様子なので、まずはボーキサイトに何らかの処理をして塩化アルミニウムを得ていたのかな、と思いますが。もしそうならば、後でコメントするようにボーキサイトの発見史と合わせてこの辺に解説が必要でしょう。
§4 貴重なアルミニウム
  • 「フランスの化学者アンリ・エティエンヌ・サント=クレール・ドビーユ(英語版)は1854年にパリ科学アカデミーでアルミニウムの工業製法を発表した。」
これは後の世界最初の工業生産につながる技術なので、製法についてもう少し詳しい解説が欲しいと思います。直後に「塩化アルミニウムはヴェーラーが使ったカリウムよりも便利で安いナトリウムでも還元することができるのであった」と書かれてはいるので、塩化アルミニウムを原料とし、ナトリウムを使ったことはわかりますが、原料の塩化アンモニウムをどのようにして得るのか(おそらく前のコメントのようにボーキサイトを処理して得たものと思われますが)とか、ナトリウムを使ってどんな処理をするのか、という点の解説も欲しいところです。
  • 「サランドルの製錬所はボーキサイトを主なアルミニウム鉱物として使い、一方ドビーユなどの化学者は氷晶石を使おうとした」
ボーキサイト氷晶石の発見史についても簡単な記述があるとよいと思います(詳細は各鉱石の記事におまかせでよいのですが)。両鉱石は現代でもアルミ原料として重要な天然資源ですから、少なくともこれらの鉱石がいつ頃発見され、それがアルミニウムを含むこと、および金属アルミニウムの原料として利用できること、などがいつ誰によって発見されたのかという点は、本記事の内容に欠かせない内容と思います。
生理活性の研究史
本記事において、金属アルミニウムが完全に分離された以降の記述は、主に金属としての製法・利用に関する側面を中心として記述されており、物質としての物理的・化学的・生物的な特性についての研究史についてはほとんど触れられていません。「アルミニウムの歴史」というタイトルならば、これらについても記載がある方が望ましいと思います。現状ではむしろ「金属アルミニウムの歴史」というタイトルの方が適切と思われるような内容になっています。特にアルミニウムの

選考終了日時:2018年10月24日 (水) 16:24 (UTC)

  • (自動推薦)2018年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2018年10月10日 (水) 16:24 (UTC)
  • 選考終了日時:2018年10月24日 (水) 16:24 (UTC)

    • (自動推薦)2018年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2018年10月10日 (水) 16:24 (UTC)
    • 選考終了日時:2018年10月24日 (水) 16:25 (UTC)

      • (自動推薦)2018年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2018年10月10日 (水) 16:25 (UTC)
      • コメント 本文はよく書けていると思うのですが、エリアマップの画像は、地理院地図をベースにしたものをCCライセンスで出せるんでしたでしょうか…。ライセンス的に気になるところなのですが。--Tam0031会話) 2018年10月12日 (金) 15:00 (UTC)
        • 返信 すみません。うっかりしていました。ご指摘ありがとうございます。ライセンスの表記を修正しました。--漱石の猫会話) 2018年10月12日 (金) 15:48 (UTC)
        • 返信 ライセンスについてもう少し調べてみました。国土地理院の地図の利用手続によると、「7.承認を得ず利用できる範囲」に「イラスト的に利用する場合」があります。このエリアマップは画像として加工し、地図としての活用や正確性を求める状態にないので、これに該当するのではないかと思うのですが、私もこの分野に明るくないので正直なところ確信はもてません。問題があるようなら外してもよいのかな、と思いますが……--漱石の猫会話) 2018年10月13日 (土) 10:54 (UTC)
        • 返信 たびたびすみません。承認申請Q&Aによると、「利用の目的について(「出所の明示」をして利用が可能(申請不要))」の項目に、 「刊行物等の内容を補足するため、下記基準程度の少量の地図等を補助的に挿入する場合【Webサイト等】 300かける400ピクセル以下の大きさで地図等の一部(ラスタ形式)を掲載する場合」とありました。これに該当するように、画像のサイズを修正しました。--漱石の猫会話) 2018年10月13日 (土) 12:01 (UTC)
      • 賛成 :加筆者です。京都府の公共測量地図を使用しているエリアマップは念の為GJSTU-2.0で公開してよいか京都府に確認中ですので、回答があるまでいったん外しました。かわりにイベント主催者によるまちなかエリアマップを記事内に加筆しました。外部リンクにはなりますが、イベントエリアを示す情報としてはこちらのほうが確実な情報でもあり、冒頭のエリアマップを外しても記事の質の低下にはなっていないと思います(府の確認がとれればエリアマップ画像を戻すつもりですが、正直なところこの外部リンクだけでよいような気もします。)。そのほか、現時点で記載できる情報は本日までにおおむね書き尽くし、出典についても同様ですので、これにて加筆終了としたいと思います。査読及び御意見をよろしくお願いいたします。-漱石の猫会話) 2018年10月15日 (月) 11:55 (UTC) -
      • 賛成 一応上記で納得しました。できれば、地図の作り方、ライセンスの考え方について、Wikipedia:地図みたいなページを作って総括的に説明したいところですね。--Tam0031会話) 2018年10月15日 (月) 15:00 (UTC)
        • 返信 ありがとうございます。ぜひ、そういったガイダンスページがあると嬉しいです。地理院地図は種類も多いのでややこしくて……。オープンストリートマップの地図を使えばライセンス的に問題ないことは理解しているのですが、地方ではまず建物から描かないといけないところが多いものですから、つい地理院をあてにしてしまいます。--漱石の猫会話) 2018年10月16日 (火) 09:44 (UTC)
      • 賛成 歴史から運営組織から実際のイベントの詳細まで、祭りに関する記事として必要な内容が十分な精度で記述されていると思います。2016年開始の新しいイベントにも関わらず、これだけの詳細な(もちろん検証可能性や信頼性を満たす出典付きで)内容をまとめられた力量には感服します。ただし、以下に述べるようにチラシ類 (まちあるきマップなども含む)を出典とすることは非常に好ましくないと考えます。
      チラシを出典としている箇所が目立ちますが、チラシは検証可能性を満たす出典といえるかどうかかなり微妙だと思います。少なくとも、他の(チラシ以外の)出典も同時に付いている部分においては、チラシは出典から外した方がよいと思います。チラシを出典としている部分を見ると、具体的な個々のイベント内容に関する部分が多いようです。たしかに、こういう情報は一般的な情報源からは得にくいものですが、後援、協賛する自治体や企業や組合の広報誌や機関紙等(検証可能性の点でチラシよりはるかに優れていると考えられる)で補えないものでしょうか。もっとも、すぐに代替の出典が見つかるものではないでしょうから、一時的な間に合わせとしてチラシを出典とするのはやむを得ないですが、チラシはあくまで仮の出典として、前述のようなもうすこしましな出典で置き換える努力は必要と考えます。また、どうしても代替が見つからない記述は、よほど本質的で重要な内容でもないかぎり、思い切ってざっくり除去しまう大胆な編集も必要と思います。
      あるいは、イレギュラーな方法ですが、もし、そのチラシが保管されていて、(そしてたとえ有料であっても)一般の人が閲覧できるような場所(図書館の地域資料室、役所の資料室等)があるのならば、チラシの書誌情報にその場所の情報を併記しておくという方法もありえます。通常の資料なら、例えば私家版の地域史とかマイナーな業界誌などであっても、地域の図書館とか出版社などに問い合わせれば保管されているであろうと考えられるので、Wikipediaの編集者は資料が閲覧できる場所まで保証する必要はありません。しかし、チラシに関しては、地域の図書館はもちろん、チラシを発行した組織の手元にさえ残っていない、ということも普通にありえることです。極端に言えば「本当にそんな資料が存在する/した/のか?」という意地の悪い質問に対し、通常の資料なら「確実に存在します/しました。どこそこの資料室に問い合わせてください」と答えられますが、チラシの場合はそれすら言えない可能性が高いわけです。閲覧できる場所が保証できないチラシなら、検証可能性の観点から見て、出典に使わないほうがよい資料と考えるべきでしょう。
      最近では、ネット上にチラシをPDF化したファイルが公開されていることも多いので、それへのリンクを貼るという方法もありますが、これも長期的に保管される保証はまずないので、やはりよい方法とは言えません。
      とにかく今後の加筆は、新しい加筆内容にチラシの出典を使わないことはもちろんのこと、既存の出典からもチラシ類は除去していく方向で進めていただきたいと思います。--

      選考終了日時:2018年10月24日 (水) 16:26 (UTC)

      • (自動推薦)2018年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2018年10月10日 (水) 16:26 (UTC)
      • 選考終了日時:2018年10月24日 (水) 16:26 (UTC)

        • (自動推薦)2018年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2018年10月10日 (水) 16:26 (UTC)
        • 選考終了日時:2018年10月24日 (水) 16:27 (UTC)

          • (自動推薦)2018年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2018年10月10日 (水) 16:27 (UTC)
          • 反対 現状かなりの力作なのですが、各路面標示の説明がその意味、指示内容の説明に終始してしまっており、視覚情報としてどのような表示なのかがほとんど示されておりません。各標示に画像と文章による説明があるのがベストですが、最低でも文章による説明は欲しいところです。--totti会話) 2018年10月12日 (金) 14:26 (UTC)
          • コメント 賛成票を投じるつもりでしたが、たまたまチェックした出典の参照方法に疑問を生じたのでコメントにとどめます。
          「§ 5.2 撤去」で「「化学的方法」には...ジェットバーナーを用いた工法もある」の部分の出典として「全標協 2017, p. 188.」が3回参照されていますが、この資料のPDF版としてリンクされている資料を見たら、撤去の方法については何も書かれていませんでした。そもそもこの資料は44ページしかないので188ページなどはありえません。PDF版は書籍版の一部ダイジェストによる再編集版かとも思いましたが、画質を見ると書籍をスキャンした画像をそのままPDFにしただけのものと思われるため書籍版と同じものと考えられます。その他にも、脚注を見直したら「全標協 2017,」からの参照箇所が多数ありますが、いずれもページ数が100を超えており、同書からの参照とは考えられません。
          経験上、参照の問題は一つ見つけると全体にわたってかなり多数見受けられることが多い(参考:

          選考終了日時:2018年10月24日 (水) 16:28 (UTC)

          • (自動推薦)2018年9月度の月間新記事賞受賞記事。--totti会話) 2018年10月10日 (水) 16:28 (UTC)
          • 反対 翻訳元のドイツ語版がそのようになっているのですが、出典不足がかなり目立ちます。そのため、読むにはおもしろい記事ですが、現行の良質な記事の基準では厳しいと思われます--イココ会話) 2018年10月11日 (木) 23:01 (UTC)
          • 選考終了日時:2018年10月25日 (木) 00:03 (UTC)

            • (自動推薦)2018年9月の月間強化記事賞受賞記事。--Trgbot会話) 2018年10月11日 (木) 00:03 (UTC)
            • 選考終了日時:2018年10月25日 (木) 00:04 (UTC)